TOPおもしろ健康コラム50>体の中には細菌が1.5キロ!

あなたは常在菌と言うのをご存知ですか?人の表面や内部に住み着く細菌です。あなたがどんなにきれい好きで清潔症でも、ゴマンと細菌を抱えて毎日の生活を送っています。そして、その常在菌は美容や一般的な健康とも深い関わりがあるのです。

ここからのお話のネタは「人体常在菌のはなし」(青木皐著 集英社新書)と言う本からです。

では、常在菌が私たちの身体にどのくらい住み着いているのか、その数や量を見てみましょう。

まず、大腸を始めとする消化管内には、おなじみの大腸菌やビフィズス菌など60種類から100種類の常在菌がいます。その数はなんと100兆個です。これらの細菌は、むろん肉眼では見えません。電子顕微鏡でしか見ることの出来ないミクロの世界です。

しかし、さすがに100兆個と言うとんでもない数が集まると、その重さが何と1キロから1.5キロにもなります。これ、あなた想像出来ますか?細菌が集まって1.5キロだなんて・・・・。恐るべし、常在菌!(私、個人的にはどうしてもこの数字が信じられずにいます・・・。)

常在菌は消化管内以外にもまだまだ大量に存在します。口の中には100億個。皮膚には何と1兆個も住み着いているのです。潔癖症のあなたは想像しただけで卒倒するかも知れませんが、目に見えないだけで私たちはまさに常在菌に囲まれて生活しているのです。

テレビのCMでしたっけ?「キスをすると1秒間に2億個のバイ菌が移動する・・・・」なんてフレーズがありましたね。まさしく、その世界です。甘いキスも現実は細菌まみれ、ってことですね。

これらの常在菌は全部が全部、悪玉菌ではありません。中には私たちの健康には欠かせない菌もいるのです。例えば消化管にいる常在菌は、人が消化出来ないような成分を分解して体外へ出すのを手伝っているのです。

あなたもよくご存じのビフィズス菌なんて善玉菌の代表選手ですね。炭水化物を消費して乳酸を作ります。すると腸内が酸性の環境を保つことが出来、多くの病原菌が腸内に侵入しても排除することが出来るのです。

常在菌にすれば、人の体内は温度や栄養などの点でとても住みやすいのです。いわば、共存共栄ってやつですね。ただし、物事には何でもバランスがあります。常在菌の中で、悪玉菌が増えすぎると、私たちの身体に異変となって現れます。

性感染症のひとつ、性器カンジダ症がまさにそれですね。この病気の病原体は、カンジダ・アルビカンスと言う真菌で、カビの一種です。健康な人の身体にも常在しています。

普通の免疫力、抵抗力があるときにはこのカンジダ菌も抑えられていて、病気になることはありません。しかし、何かの理由でこの菌が増殖し過ぎると、カンジダ症を発症します。常在菌のバランスが崩れてしまうとまずいのですね。

例えば風邪の治療で抗生物質を飲んでいるとか、睡眠不足やストレスで免疫力が低下しているときにバランスが崩れやすくなります。

このバランスと言う点では腸内だけの話ではありません。私たちの美容に関しても実は常在菌は深くかかわっています。「お肌がしっとり・・・」と言う状態は、実は表皮ブドウ球菌と言う常在菌が活発に活動している状態なのです。「ブドウ球菌」と聞くだけで悪玉菌のように思いますが、そうではないのですね。

この表皮ブドウ球菌は皮脂や汗をエサにして弱酸性の物質を作ります。これが実は重要なのです。多くの病原菌はアルカリ性を好むので、表皮ブドウ球菌のおかげで病原菌が繁殖したり侵入したりするのを防ぐことが出来ているのです。

これをあなたが神経質にゴシゴシ洗いすぎたり、抗菌剤、抗菌グッズできれい、きれいとやり過ぎると、表皮ブドウ球菌が減ってしまいます。そして代わりに悪玉病原菌が増えすぎ、思わぬ炎症を起こしたり、カサカサお肌になったりします。美容にもよくないのです。

私たちは常在菌と仲良く共存するのがベストと言う訳です。

■コップ1杯で1日分の野菜栄養分が!⇒『えがおの青汁満菜』
これ1杯で1日に必要な野菜350g分以上の栄養素を補給出来ます。

体験記はこちらから⇒『えがおの青汁満菜体験記』

バナー原稿 468×60 (140115)imp