我が家ではふるさと青汁を定期購入しているのですが、7月配送分に、「あしたキレイ」と言う12ページの小冊子がオマケでついていました。

記事3

その小冊子の中に、ふるさと青汁で夏ヤセをめざそう!と言う記事がありました。事実、夏前になるとふるさと青汁の出荷量は増えるそうです。いったいなぜ、ふるさと青汁は夏ヤセに効くのでしょうか。

小冊子の記事を読むと、特に夏だけヤセルのではなく、そもそもダイエット効果のある成分を含んでいると言うことです。

ふるさと青汁がダイエットに効果的なのは、カリウム、カルコン、クマリン、この3つの成分を含んでいるからです。

1.夏に太るワケ

一般に、夏になるとやせると思っている人が多くいます。確かに夏バテして食欲が落ちれば一時的にはヤセル人がいるかも知れません。しかし、必ずしも夏はヤセル季節ではないのです。

なぜなら、夏は気温が高くなり体温との温度差が小さくなるため、基礎代謝が落ちるからです。冬の寒い時期だと気温が低いため、体温を保とうとして基礎代謝が上がり、カロリーを消費します。

それが夏場だとあまりカロリーを使う必要がなくなるのです。食べ物から摂取したカロリーは消費されずに蓄えられ、結果的に太ってしまうのです。

「だって、夏は汗をいっぱいかくし・・・・」

あなたはそう思うかも知れません。

でも、単に暑いからかく汗は運動の汗とは違い、別にカロリーを消費している訳ではありません。このように、夏はヤセル季節どころか、太る季節なのです。そこでふるさと青汁の登場です。

 

2.カリウムで水ぶくれ解消

ふるさと青汁の材料は明日葉です。明日葉の可食部100g当たりには、カリウムが540mgも含まれています。カリウムが多いと言われているバナナでも360mgだし、きゅうりでも210mgです。

当然のように、ふるさと青汁として加工された後も多くのカリウムを含んでいます。カリウムには利尿作用があり、体内の余分な水分を排出する働きがあります。

どちらかと言うと私もそうなのですが、夏場に太る体質の人がいますが、その原因は水太りの場合があります。

そんな水太り体質の人にはカリウムを多く含むふるさと青汁は非常に効果的と言う訳です。水太り対策と言う点では、確かに夏場に有効な青汁と言えるかも知れません。

私は今年の夏はふるさと青汁をずっと飲んでいるので、全く水太りがありません。あなたはいかがですか?夏場に水太りする体質ではありませんか?

 

3.クマリンがセルライトを分解

明日葉にはクマリンと言うセリ科の植物特有の成分があり、このクマリンがセルライトを分解する働きがあります。

あなたはセルライトをご存知ですか?セルライトとは、皮膚の下にある脂肪細胞の代謝が悪くなって肥大化し、脂肪細胞同士がくっついたり、脂肪細胞に老廃物がくっついたりして、肌が凸凹 状態になったものを言います。女性だけでなく、男性にも見られます。

セルライトの出来やすい場所は、二の腕、お腹、太もも、ふくらはぎなどですが、血液の流れが悪い場所には老廃物が溜まりやすく、セルライトも出来や すくなります。

見た目はまだ凸凹状態になっていなくても、皮膚の下では着々と脂肪細胞が肥大化しています。この美容の大敵セルライトをクマリンは分解してくれるのです。また、クマリンには抗菌、坑ガン作用があると言われています。

ホットふるさと青汁

 

4.カルコンが体のめぐりをよくします

そして明日葉と言えばカルコン、ふるさと青汁最大の特徴です。カルコンは体のめぐりそのものに働きかけ、代謝をよくして脂肪を燃やす働きがあります。

これがカルコンのダイエット効果です。これは大阪薬科大の馬場きみ江教授が実験して確認をされたそうです。

また、カルコンには代謝をよくする他にも殺菌、抗菌、坑ガン作用がありまさに健康と美容にはもってこいの成分です。ちなみに、同じ明日葉でもその成長時期によってカルコンの含有量が変わります。

若葉の頃よりも成長して大きな葉になった頃の方がずっとカルコンが多いのです。ふるさと青汁では、明日葉の葉が大きくなってカルコンたっぷりの状態で材料に使っています。

また、数ある明日葉青汁の中で、ふるさと青汁だけが唯一明日葉の根までも材料に使っています。実は根にもカルコンがたっぷり含まれているからです。でも、根は加工しにくいし、年に1回しか収穫出来ないので根まで材料に使うのは色々と難しい点もあるそうです。

だから多くの明日葉青汁では根までは使っていません。

5.夏こそふるさと青汁をどうぞ

以上、カリウム、クマリン、カルコン、ふるさと青汁のこの3つの成分にダイエット効果があり、特にカリウムの利尿作用で夏場の水太り対策にはもってこいだと言う情報をお届け致しました。

まぁ、夏は当然ですが肌の露出も増えるし、体の線も気になる季節です。

同じ健康のために青汁を飲むなら、少しでもダイエット効果がより期待出来るものを選びたいと思うのは自然なことです。

ふるさと青汁が夏場に出荷量が増えるのも納得できます。

ただし、以上の情報はふるさと青汁の製品に同封されていた小冊子や、公式サイトに書かれていた記事であり、あなたが100%ダイエットに成功することを保証するものではありません。

私は栄養学的、成分的言えること、一般的に言えることを小冊子の記事にしているのだと理解しています。

馬場きみ江教授の実験でやせたからと言ってあなたが絶対やせる保証にはならないと思います。まぁ、これはどんなダイエットサプリ、ダイエット食品、ダイエットツールにも言えることです。

しかし、理屈でクマリン、カルコンが健康や美容にいいのは事実です。カリウムに利尿作用があることも明確な事実です。

そして理屈でいいものを飲み続ければ必ずプラス効果が生まれます。これもまた事実です。そう、あなたが三日坊主でなく、ずっと続けることが出来れば何か嬉しい変化が現れるはず。

しかも、化学的に合成したサプリメントとは違い、青汁は野菜の粉末です。

飲み過ぎたからといって副作用もないし、ビタミン、ミネラルを豊富に補いながらダイエットも出来るわけで、非常に健康的です。

と言うよりも、本来青汁はダイエット目的ではなく、体を健康にする過程でダイエットも出来る、と言う表現が正しいと思います。

夏にヤセルどころか太ってしまうあなた、水太りするあなたはぜひ一度、ふるさと青汁を試してみてはいかがですか?

氷を浮かべてキンキンに冷やして飲むと美味いですよ。

もしもあなたもふるさと青汁に興味があればここをクリックすると公式ホームページを見ることが出来ます。

◆ふるさと青汁のホームページはこちらから

◆ふるさと青汁 注目成分“カルコン”のヒミツ