「白井田七。茶」という、何とも不思議な名前のお茶をご紹介します。私にとっては青汁と同じカテゴリーの飲み物です。




写真1.「白井田七。茶」(写真をクリックすると詳しい情報をご覧いただけます)

私の友人たちの間では、私が青汁に凝っているのは有名で、色んな情報をくれます。今回もそんな友人からの情報がきっかけでした。

私の友人が、

「これ、とってもいいらしいから飲んでみて」

と言って、スティック状のサンプルを5本ばかりくれました。詳しいことは説明なしで、とにかく飲んでみろと言うばかり。

それでさっそく、持ち帰って飲んでみました。

「うん!これは美味い!」

私と妻はもらったサンプルを飲むなりそう叫びました。そのくらい、美味しい青汁でした。そう、私と妻はもらったサンプルを青汁と思ってお湯で溶かして飲んだのです。

それから私はその美味しいサンプル品のことをもっと詳しく知りたくてネットで調べました。

すると・・・

何ともらったサンプルは青汁ではありませんでした。「白井田七。茶」と言う、何とも奇妙な名前の健康茶だったのです。いやぁ、これにはびっくりしました。てっきり、青汁だと思ったのです。

むろん、もらったサンプルには商品名として、「白井田七。茶」と書いてあるのですが、これがまたデザインが一風変わっていて、すぐに読めなかったのです。(写真2)

そして、最初から青汁だと決めつけていた先入観もあって、てっきり青汁だと思いました。見た目も味も青汁っぽかったのです。


写真2.白井田七。茶のスティック

この「白井田七。茶」は一応、お茶と言うジャンルなのですが、茶葉を急須(きゅうす)に入れて飲むような普通のお茶ではありません。お茶の粉末を直接水やぬるま湯で溶かして飲むのです。その点では青汁と全く同じであり、お茶より青汁に近いと言えます。

しかも、この「白井田七。茶」はただのお茶ではありません。厳選された静岡のお茶に、田七人参がブレンドされているのです。

と言っても、あなたは田七人参をご存知ですか?たぶん、知らないと思います。むろん、私も全く知りませんでした。田七人参は超高級の和漢の材料であり、健康にはとてもいい貴重品なのです。

私は「白井田七。茶」を即座に1ヶ月分を注文しました。サンプル5本で終わるなんてできなかったのです。どうしても1ヶ月は飲んでみたい!

そんな衝動にかられる「白井田七。茶」でした。

では、ここで私が「白井田七。茶」を1ヶ月飲み続けた体験記をご紹介したいと思います。青汁には興味があるけど、やっぱり味や匂いに抵抗があるなぁ・・・なんて思っているあなた。そんなあなたに最適の健康飲料だと言えます。

【ひと目で丸分かり!「白井田七。茶」とはこんなお茶です】

商 品 名 白井田七。茶
販売業者 さくらフォレスト株式会社
価格 定期購入価格 1箱 ¥2,982+消費税  

初回 ¥1,980+消費税

内容量 1g×30スティック
原材料 有機緑茶/有機田七人参
主な栄養素 ビタミンB2/B6/B12/カテキン/サポニン/フラボノイド他
特徴 有機JAS認証緑茶と田七人参。安心、安全に飲めてしかも美味しくて栄養も満点。
一口アドバイス 花粉症の人や風邪をひきやすい人にお勧め。青汁よりずっと美味しく飲める。
公式サイト ■「白井田七。茶」公式サイト

◇まずは「白井田七。茶」を飲んでみた体験記

詳細な商品の説明は後回しにして、まずは「白井田七。茶」を実際に飲んでみた体験記から話しますね。

まず、ネットで注文するとさっそく「白井田七。茶」が送られてきました。


写真3.白井田七。茶の箱

そこで箱を開けてみると、中にはスティックが30本入っていました。(写真4)


写真4.白井田七。茶の中身

スティックは写真1でご紹介した通りです。スティックの中身をお皿に出してみると、こんな感じです。(写真5)


写真5.白井田七。茶の粉末

スティックの中身はこんな緑色の粉末です。名前は「白井田七。茶」というお茶ですが、緑茶や煎茶やほうじ茶みたいな茶葉ではありません。きめの細かい粉末が入っていました。

この粉末、重量で言うとなんと1gです。これ、たったの1gに見えますか?今まで青汁を沢山見てきた私からすると少なくても倍の2gは入ってるように見えました。

この1gの粉末を350cc~500ccの水やぬるま湯で溶いて飲みます。この飲み方も青汁とは違いますね。青汁だと1スティックが1回分なので、だいたい100ccからせいぜい200ccくらいの水やお湯で溶きます。500ccもの水で溶く青汁は見たことも聞いたこともありません。

私は一度に500cc作らず、1スティックを3回に分け飲みました。つまり、カップで3杯分作れるわけです。(写真6)


写真6.白井田七。茶カップ

写真6はスティックの1/3ほどの粉末を150ccのお湯で溶いたものです。これから寒い季節になっていくのでホットがいいですね。

だけど夏場だと500ccのペットボトルに1スティック分を作って冷やしておくのもいいですね。(写真7)


写真7.白井田七。茶ペットボトル

さて、それでは肝心の味や香りについて私と妻の感想を書きましょう。

見た目も作り方も青汁に近いですが、味はやっぱりお茶ですね。美味しいです。どこまでもすがすがしい美味しさです。青汁に比べると軽い、さっぱりした味わいですね。

むろん、濃い味がお好みのあなたは粉末の量を1/3じゃなくて1/2くらい入れて溶かせば濃くなります。味の濃さはあなたの自由に調節できます。

香りもとってもいいですね。お茶の香りです。香りは水よりお湯の方が際立ちます。味と香りの両方を楽しみたいあなたにはお湯で溶くことをおすすめします。

ところで、「白井田七。茶」はなぜお茶なのに茶葉ではなく粉末なのでしょうか?それは、「白井田七。茶」に含まれている栄養分を100%余すところなくあなたの体に取り込むためです。

「白井田七。茶」の公式サイトによると、茶葉を急須(きゅうす)に入れてお湯を注いで飲んだ場合、お茶の持つ栄養素は30%しか出てこないそうです。何と、出がらしの茶葉に栄養分の70%が残っているわけです。これは絶対にもったいないですよね。

では、「白井田七。茶」にはいったいどんな栄養素が含まれているのでしょうか。健康や美容にどんな効果が期待できるのでしょうか。それを次に説明しましょう。

■100%オーガニック茶「白井田七。茶」

◇「白井田七。茶」に含まれる栄養分とは?

「白井田七。茶」は冒頭にも説明したように、静岡産の銘茶と和漢の原料である田七人参をブレントした健康茶です。この黄金ブレンドによって、次のような成分、効果を持つ「白井田七。茶」が誕生しました。

まず、お茶の持つ成分、効果から説明しましょう。

●カテキン
ご存じ緑茶の渋味成分ですね。ポリフェノールの一種です。このカテキンには実に様々な効果・効能があることが分かっています。

・抗酸化作用によって発がんを抑制する。

・高血圧の予防・改善

・コレステロールや中性脂肪の上昇を抑える

・アミラーゼの働きを抑制し血糖値の上昇を抑制する

・殺菌作用により虫歯の予防、口臭を抑える

・腸内善玉菌を増やし下痢、便秘の予防と改善

どうですか?こんなにいろいろな効果が知られているのです。更に、粉末になったお茶はメチル化カテキンの接種が容易であり、花粉症の改善にも効果があります。


●テアニン
テアニンとはグルタミン酸エチルアミドのことで、精神安定作用があることが分かっています。ストレス解消、リラックス効果があるのです。


●サポニン
あなたの体のめぐりをよくする成分です。同時に、抗カビ作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用・血圧降下作用・肥満防止作用・抗インフルエンザ作用など、様々な効能が分かっています。

このように、お茶にはびっくりするくらい栄養成分が含まれています。ただ、先ほども説明しましたが普通に茶葉の状態で急須に入れて飲むだけでは栄養分の30%しか摂取出来ません。「白井田七。茶」のように粉末茶で飲んでこそ、栄養分を摂取することが出来ます。

次は田七人参についての成分と効能です。田七人参の元々の名前は三七人参(さんしちにんじん)と言います。植えてから収穫までに3年から7年かかるのでその名がついたそうです。

更にこの三七人参は広西省の田陽、田東で栽培されるため、「田」の字がついて田七人参とも呼ばれるようになりました。その田七人参を有機栽培するのは不可能だと言われていたのですが、白井博隆氏が成功します。それで白井氏にちなんで白井田七人参となったわけです。

田七人参の成分、効能は次の通りです。

●サポニン
緑茶にも含まれるサポニンは田七人参にも含まれています。その効果についてはすでに説明しましたので、ここでは省略します。

●フラボノイド
植物の色素成分に含まれる成分で、ポリフェノールの仲間です。フラボノイドは様々な病気の元になる活性酸素を抑制する働きがあります。また動脈硬化を防いだり血液の循環をよくしてくれます。


●ギャバ
ギャバ(GABA)とはγアミノ酪酸のことで、脳内に存在する抑制性神経伝達物質です。何やら難しい名前ですが、その効果としては副交感神経の働きを高め精神をリラックスさせます。また脳の働きを高める働きもあります。

まだまだ説明したいことはいっぱいあるのですが、長くなってしまうのでもっと詳しく知りたいあなたは「白井田七。茶」の公式サイトからご覧下さい。

■100%オーガニック茶「白井田七。茶」

◇「白井田七。茶」はこんなあなたにお勧めです!

「白井田七。茶」の成分や効能をいろいろと説明してきましたが、ではいったいどんな人にお勧めのお茶なのでしょうか。それはこんなあなたです。

●花粉症で困っているあなた。

●風邪をひきやすいあなた。

●体調を崩すことが多いあなた。

●生活習慣病を改善したいあなた。

こんなあなたにぜひ飲んで欲しい健康茶です。

私は「白井田七。茶」を飲み始めて約3週間ですが、体調はすごくいいです。我が家で現在飲んでいる青汁と甲乙つけがたい気がします。

まぁ、何と言ってもお茶ですから青汁より飲みやすいことは間違いないです。お子さんでも平気で飲めるでしょう。むろんお茶ですから食事のお供にもいいですね。飲み方のバリエーションは青汁より広いと言えます。

■100%オーガニック茶「白井田七。茶」

◇「有機JAS認証」が示す安全性とは?

今回ご紹介した「白井田七。茶」は静岡の銘茶と白井田七人参が合体して生まれたお茶ですが、実はどちらも「有機JAS認証」を受けています。

農林水産省のホームページには次のように説明されています。

『有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。』

『この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。』

こうした制度を設けることによって消費者の安全を確保しているわけですね。

「白井田七。茶」の安全、安心に対するこだわりはとても強く、深いものがあります。「白井田七。茶」の公式サイトにも大変詳しくこだわりが説明されています。

また製品といっしょに送られてきた冊子には静岡向島園の向島和詞氏と、白井田七人参を無農薬で栽培している白井博隆氏のお二人が登場します。

そしてそれぞれのお茶、人参をいかに安全に、かつ美味しく栄養あるものに育てるか、という生産者の情熱が紹介されています。

まぁ、ここまで生産者が全面に出てきて熱く思いを語るのは珍しいと思います。とってつけたような薄っぺらい思いではなく、本物の思いを感じることが出来ます。

「うん、これなら安心して毎日飲める!」

私は思わずそう感激しました。

さて、ここまで長々と「白井田七。茶」を紹介してきました。こんなに長い説明文になったのも、あなたにぜひ試して欲しいからです。

最後に私が「白井田七。茶」を飲んで感じた感想をもう一度まとめておきます。

●とにかく美味しい。有機IAS認定の良質安全なお茶の風味が素晴らしい。

●1杯あたりのコストも66円と大変お得。(定期購入の場合)

●カテキン、サポニン、フラボノイド、ギャバなど、効果、効能が周知となっている成分を多く含んでおり、飲み続ければきっと健康や美容に効果があると感じた。

私が当サイトで青汁を選ぶとき、大事なことは3つあると思っています。長く飲み続けることが出来る味であること、こだわりを感じることが出来る特徴を持っていること、安全性が確保されていること。この3つです。

「白井田七。茶」は青汁ではありませんが、まさしくこの3つをクリアしています。あなたや、あなたのご家族が「白井田七。茶」を飲み続ければ、きっと健康や美容に効果があることでしょう。




■100%オーガニック茶「白井田七。茶」 詳細はこちらから!