「やずやの養生青汁」は、誕生から18年、やずやのオリジナル商品第1号でした。

「やずやの養生青汁」はとてもやさしい甘さです。大麦若葉をたっぷり使っていますが、青臭さがまるでありません。

野菜が嫌いなあなたでも安心して飲むことができます。

「養生青汁」はやずやのオリジナル商品第1号です。1992年、150種類もの青汁を試作した中から生まれました。当 時、青汁と言えば不味いもの、それが常識でした。まさに、「養生青汁」は画期的な青汁として誕生したのです。

これから青汁を始めてみようかなと思っているあなた、あるいは、青汁って本当に効果があるのかなと不安に思っているあなたにはオススメの青汁です。

そのワケを詳しく説明しますので、ぜひ最後まで読んで下さいね。

【ひと目で丸分かり! 養生青汁とはこんな青汁です】

商 品名 やずやの養生青汁
販売業者 株式会社 やずや
価格 定期購入価格 1箱 ¥3,060+消費税  1本当たり ¥106
内容量 3g×31スティック
原材料 大麦若葉/デキストリン/ハト麦エキス粉末
主な栄養素 ビタミンB1/ビタミンB2/ビタミンE/カルシウム/鉄
特徴 甘くて美味しい青汁です。野菜の青臭さ、粉っぽさが全くありません。そのまま飲めます。
一口アドバイス 付属についてくるシェーカーを使うと、あら不思議、甘さ、美味しさがもっと際立ちます。
公式サイト ■やずやの養生青汁公式サイトはこちら


注)デキストリンとはジャガイモやトウモロコシから作られた水溶性の食物繊維です。

では、「やずやの養生青汁」についてもう少し詳しくご説明致しましょう。

1.やずやと養生青汁

「やずやの養生青汁」の特徴は、何と言ってもそのその味と香り、美味しさにあります。養生青汁が誕生した1992年頃には、こんな美味しい青汁は他にありませんでした。

まさにやずやが味と風味にこだわって作り上げた新しい青汁の味だったのです。

発売以来、18年余り。むろん美味しいだけではこんなに長く続く訳がありません。やはり、健康や美容に優れた効果があってこそ、その美味しさも生きると言うものです。

今でこそやずやと言えば青汁を始め、「雪待ちにんにく卵黄」、「熟成やずやの香醋」、「発芽十六雑穀」など、色々な健康食品で知らない人はいないほど有名になりました。

でもやずやの前身は、やずや創業者、矢頭宣男氏が1976年に始めた小さなクロレラの販売店でした。

そして1988年に現行社名の「やずや」としてスタートします。

矢頭宣男氏は、

「自分の心が入った商品を作りたい」

と言う想いから、仕入れ販売だけでなく、やずや独自の商品開発を行うことを決意します。そして幾多の試行錯誤、苦難の末に生まれたのが養生青汁だったのです。

つまり、養生青汁はやずやの記念すべきオリジナル商品第一号だったのです。

我が家では、2010年の10月、初めて青汁を飲み始めた頃、妻と娘がこの養生青汁を飲んでいました。とても美味しい青汁で好評だったのですが、途中から他の青汁に変わってしまいました。

何しろ、妻も娘も青汁と言うものを初めて飲み始めたので、他にもどんな青汁があるのか、色々と試してみたかったのです。

そして、妻は現在えがおの青汁を飲んでいますが、この養生青汁も甲乙つけがたいとして我が家では人気があります。

我が家では冷たい麦茶で溶いています。簡単に混ざります。養生青汁には野菜の青臭さや、青汁の粉っぽさが全くありません。甘くて美味しい味がします。

不思議なのですが、我が家ではみな、「豆乳みたいな味がする」と言っています。

「やずやの養生青汁」は1993年8月の販売開始から、2009年6月までの約16年間に、「1億杯」を突破したそうです。これはコップ1杯に2スティック計算だそうです。
すなわち、2億スティック飲まれた勘定です。すごいですねぇ~!

 

2.「養生青汁」の材料

「やずやの養生青汁」の主原料は大麦若葉です。しかも、何とこれが私の地元、大分県の国東(くにさき)半島で契約農家に委託されて栽培されている大麦若葉です。

ここでは農薬や化学肥料はいっさい使わず大麦若葉の栽培が行われています。

国東で農家をやっている友人に聞くと、大変手間のかかる農法で簡単に出来るものではないそうです。

ちなみにその友人はあまりに手間がかかるので青汁用の野菜は作っていません。

さて、そんな大切に育てられた大麦若葉ですが、「やずやの養生青汁」の材料として使われるのは草丈20cmから30cmくらいに成長したものだそうです。

この時期の大麦若葉は1日に2cmも成長し、まさに生命力がもっとも強く栄養満点に育っているのです。

当然、たんぱく質、ビタミン、ミネラルも豊富に含み、青汁の材料としては最適期を迎えています。

無農薬、化学肥料なしで育った大麦若葉を刈り取ると、その日のうちに工場へ運び青汁を絞り取り、粉末化します。

まさに鮮度抜群です。粉末化した大麦若葉を冷凍庫で保管し、注文状況に応じて必要な分だけ製品化するそうです。

だから「やずやの養生青汁」では保存料をいっさい使っていないのです。

また、青汁を飲みやすくするための混ぜ物もありません。有名な青汁の中には、野菜よりも混ぜ物が多いものもあります。そんな青汁、飲みたくないですよね。

青汁って、簡単に言えば野菜の粉末エキスです。それをそのまま水やお茶で溶いて飲むのですから、材料の安全性や栄養価が大事なのは当然過ぎるくらい当然です。

いくら気を使っても、使い過ぎることはありません。

やずやの養生青汁が18年間も飲み続けられているのは、こうした品質、安全性にも支えられているからです。

大分県国東半島で栽培される大麦若葉。何と言っても私の地元、素晴らしい自然環境の土地です。農薬や化学肥料を使わず、手間暇かけて大事に栽培されています。

3.「養生青汁」に含まれる成分

「やずやの養生青汁」の成分としては豊富なビタミン、ミネラルが何と言っても特徴です。その中身を製品パンフレットからあなたにご紹介しましょう。

ご紹介する栄養分は、どれも「やずやの養生青汁」のスティック2本分です。あなたが1日に2本の「養生青汁」を飲めば、このくらいのビタミン、ミネラルを1日で補給することができます。

◇やずやの養生青汁スティック2本分(6g)に含まれる栄養

ビタミンB1 0.03mg⇒おくら 3.2本分
ビタミンB2 0.05mg⇒にんじん 0.6本分
ビタミンE 0.2mg⇒さやいんげん 10本分
カルシウム 9.72mg⇒ピーマン 3.1個分
0.636mg⇒アスパラガス 5.2本分

この他、「やずやの養生青汁」の公式サイトに紹介されている原材料・成分情報をここに転記しておきます。

◇「やずやの養生青汁」 3g当たり(粉末タイプ:1本、粒タイプ:1袋)の成分

エネルギー 11Kcal
タンパク質 0.4g
脂質 0.1g
炭水化物 2.3g
ナトリウム 10.9mg

◇「やずやの養生青汁」 100g当たり

総クロロフィル 170~425mg
SOD(スーパーオキシドディスムターゼ) 160,000~280,000unit

総クロロフィルとは、葉緑素のことで、ホウレン草やお茶の葉など緑色をした野菜に多く含まれます。

葉緑素には貧血防止や血中コレステロールを低下させる働きがあります。また、肝機能を促進する作用、整腸作用、抗アレルギー作用などもあります。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)とは、人の細胞を老化させたり、がん細胞発生の原因になったりする活性酸素を消去する、抗酸化酵素の1つです。健康にはとても重要な酵素です。

こうしたやずやの養生青汁に含まれる成分を見ると、健康や美容に役立つことがよく分かります。

 

4.「やずやの養生青汁」の特徴

「やずやの養生青汁」には何と言ってもビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、これが健康や美容にプラスの働きをしてくれます。

我が家で「やずやの養生青汁」を飲んでいたのは妻と娘ですが、二人とも吹き出物が減って美肌効果がありました。

もちろん、これは妻と娘の個人的な体験なので、あなたにも必ず同じ効果が出るとは限りません。

以下は一般的な栄養に関する本に書かれている内容です。養生青汁そのものが以下の効果を保証している訳ではありません。

何と言っても養生青汁は薬ではなく、大麦若葉の粉末です。薬のような即効性はありません。そこは十分ご理解の上、お読みくださいね。

まず、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは3つのチームワークで抗酸化作用を発揮し、活性酸素や過酸化脂質が肌を荒らすのを防いでくれます。

ビタミンやミネラルはそれ自身でエネルギーになる栄養成分ではありませんが、体の調子を整えたり、機能を維持するには欠かせない成分です。

あなたの免疫力を高めてガン細胞の発生を抑制したり、風邪をひきにくい体質にしてくれます。

また、高血圧、高脂血症、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の予防にも効果があります。

「大麦若葉のすごい力!」(現代書林)によれば、大麦若葉の青汁にはこうした効果が期待出来るそうです。(ただし、大麦若葉の青汁全般であり、養生青汁を特定して効果を述べている訳ではありません。)

厚生労働省のガイドラインでは、私たちが1日に食べる野菜の量は350g以上が目安です。そのうち、緑黄野菜は120gが推奨量です。

あなたはどうですか?毎日十分な野菜補給が出来ていますか?

これだけの量を毎日となると、けっこう大変ではないでしょうか。

そこで「やずやの養生青汁」を飲むことによって手軽に野菜の栄養補給を行い、健康維持や美容効果に役立てることが出来ます。

しかし、あなたが健康の全てを「やずやの養生青汁」だけに頼るのは危険です。「やずやの養生青汁」は薬ではなく、大麦若葉の粉末です。

いわば野菜のエキスを飲んでいるようなもので、特定の病気を治す目的で飲むものではありません。

ただ、あなたが毎日「やずやの養生青汁」を飲み続ければ、緑黄野菜である大麦若葉の豊富なビタミン、ミネラルなどがきっとあなたの健康維持や美容にプラスになります。

だって、理屈で体にいいものを長く続けていれば健康にプラスにならないはずがありません。化学的に作られた、副作用が心配なサプリメント類と違って、青汁はいわば野菜を食べるのと同じです。だから安心して毎日飲めます。

 

5.まとめ

以上、「やずやの養生青汁」がどんな青汁なのかをあなたにご紹介してきました。

最後に、ここまでのお話をまとめておきます。

■やずやの養生青汁は、やずやのオリジナル商品第一号であり、18年間も売れ続けています。

■主材料は大麦若葉で無農薬、化学肥料なしで栽培された高品質なものです。

■甘くて美味しい味と、豊富なビタミン、ミネラルなどの栄養を両立させました。

このようなやずやの養生青汁をぜひあなたも一度試してみて下さい。

特にあなたが青汁を飲むのが初めてだったり、まだ初心者なら、余計に養生青汁をオススメ致します。

なぜなら、養生青汁の美味しい味、飲みやすい風味が、きっとあなたを長続きさせると思うからです。

まずはあなたの青汁選びは、失敗リスクの少ない「やずやの養生青汁」からスタートしてみてはいかがでしょう。

もしもあなたが、この記事を読んで多少なりとも「やずやの養生青汁」に興味が湧いたら、公式サイトをのぞいて見て下さい。もっとあなたの知りたいことが分かると思います。

●「養生青汁」は発売開始から18年。まさにやずやが築いた信頼と実績!
■やずやの養生青汁公式サイトはこちら