プラセボ効果と言うのをあなたはご存知ですか?プラセボ(placebo)は「偽薬」と訳されます。これ、ちょっと面白いネタなのでぜひあなたも知っておいて下さい。あなたが青汁を飲むとき、絶対に重要なことでもあります。

ある新薬が開発されたとき、実際にその薬が効くかどうかを試験します。同時に、悪い副作用がないかも試験します。これを「治験」と呼びます。

治験は実際に患者さんに飲ませて行うのですが、このとき本物の新薬と偽の薬の2つを用意します。偽の薬に使われるのは小麦粉などの全く効果も副作用もないものが使われます。

まず、複数の医者に、「これが新薬だ。」と言って、本物の新薬と偽薬を渡します。このとき、本物の新薬を渡された医者と、小麦粉を渡された医者がいます。しかし、小麦粉を渡された医者もそれは新薬だと思っています。

次に、それぞれの医者は自分の患者に新薬の効果、副作用を十分説明します。そして実際に患者に薬を飲ませます。

すなわち、治験においては本物の新薬を飲んだ患者と、小麦粉を新薬だといって飲まされた患者と、2通りの試験を行うのです。

そして治験期間が終了して薬の効き目、副作用を確認すると、どうなるでしょう。

本物の新薬を飲んだ患者に薬の効果や副作用が確認されるのは当然ですが、小麦粉を飲まされた患者にも効果や副作用が見られます。これをブラセボ効果と言います。

すなわち、患者に本物の新薬だと思い込ませて小麦粉を飲ませると、新薬と同じ効果、副作用を生むのです。

このブラセボ効果が何を物語っているかと言えば、人間の体は精神力によって支配されている部分がかなりあると言うことです。

理屈だけで言うなら、小麦粉が新薬と同じ働きをするはずがありません。しかし、医師と患者の間に強い信頼関係があると、患者は受け取った小麦粉を新薬と信じ、医者が説明した通りの効果や副作用を生むのです。

この治験では医師も小麦粉を新薬だと信じていることが重要であり、これを「二重盲検法試験」と呼ぶそうです。

この治験において、新薬の効果が確実に偽薬を上回り、また副作用は偽薬と同じか少なくないといけません。精神的な影響以上に効果がなければ薬としての値打ちはないですからね。

さて、このブラセボ効果は青汁を飲むときに積極的に利用出来ます。青汁が効果的だ、健康に効くと信じて飲めばより大きな効果が得られます。

私の妻、娘、そして私の家族3人は青汁を飲み続けていますが、3人とも現在自分が飲んでいる青汁が最も自分の健康にはいいと信じ切っています。

その信じた理由は、別に医学的根拠に基づくものではありません。妻はやずやの豆乳青汁の大豆の甘みとコクが素晴らしいと言い、娘は菜善青汁が自分の地元大分産の大麦若葉とアロエエキスが入っているから絶対効くと思っています。

私はと言えば、ふるさと青汁の明日葉、カルコンが絶対に健康にいいと固く信じています。信じて飲み続けることが思った以上の効果を生んでいると思うのです。

それは、青汁を飲んでいることが野菜不足を補い、栄養バランスの改善に役だっていると言う安心感とも言えます。

先ほども書いたように、ブラセボ効果はただの小麦粉でも現れます。少なくとも、どんな青汁でも小麦粉よりはずっと健康にいいはずです。

どうせ同じお金を払って、手間をかけて青汁を飲むならより大きな効果の方が嬉しいではないですか。

どうぞあなたも、あなたが心からこれが一番、と思える青汁を見つけて、そして健康に効くと信じて飲んでください。

青汁って効く? 美味しい? 材料は? ⇒『失敗しない青汁の選び方』

青汁効果(栄養)完全ガイド TOP