TOP管理人の健康日記(過去ログ)>苦痛!片道6時間の出張

つい先日、大分県の別府から、三重県の亀山まで、1泊2日片道6時間の出張に行ってきました。

まず別府から特急電車で小倉まで1時間18分。小倉から新幹線のぞみに乗り換えて名古屋まで3時間4分。そこから関西本線で亀山まで1時間4分。合計5時間26分。待ち合わせを入れると片道約6時間でした。

いやぁ・・・さすがに疲れました。ただ座ってるだけなのですが、それが辛い。同じ姿勢でずっといるのはしんどいものですね。

それに、まさかとは思ったのですがエコノミークラス症候群にも用心して、足裏やふくらはぎをマッサージしていました。

でも、何が一番辛かったと言って、胃の調子が悪くなったことです。出発する前に別府駅で美味しそうな駅弁を買ったのですが、これが意外に胃にもたれてしまって。

何しろずっと座ったままなので、余計に胃にもたれるのでしょう。どんどん気分が悪くなってしまいました。私は出張のときにはありとあらゆる薬を携帯しているので、さっそく胃薬を飲んだのですがイマイチ。

その日の夕方に目的地の亀山に到着してからもまだ胃が重い。夕飯は軽くホテルの近所のうどん屋さん。いつもなら冷たいビールに何かうまいつまみでも・・・と行くのですが。

翌日もまだ胃が重いまま。仕事を済ませて帰路についたのが夜の8時前。名古屋で小さめの駅弁を買って食べたのですが、これもまた胃もたれ。

小倉についたのは11時を回っていたのですが、このときには持病の片頭痛までしてきました。頭は痛いし胃は痛いし。もう、最悪です。

日付けが変わって0時25分にやっと別府駅にたどり着きました。自宅に戻って、熱いお風呂に浸かりました。ヤレヤレ・・・と、湯船で手足を伸ばしたら、やっとほっとしたのか胃が痛いのが治ってきました。

ベッドに入ったのはもう2時近くだったのですが、爆睡でした。それでも、若いときなら一晩寝れば疲れも回復したものですが、この歳だとその翌日もきつい。

やっといつもの調子を取り戻したのは帰宅して3日目でした。

これが仕事じゃなくて行楽の旅だったら・・・こんなにきつくはなかったでしょう。仕事ゆえに疲れ倍増だったような気がします。片道6時間なんて、福岡からだとバンコクまで楽に行ける時間です。

疲れるのも当たり前でしょうか。でも、バンコクに行くときは仕事でも疲れないんですよねぇ・・・。

もう二度と片道6時間の出張はご免こうむりたい、そう思うのでした。

・・管理人の健康日記(過去ログ)から過去の日記もご覧頂けます。

・・管理人の健康日記(過去ログ)

■コップ1杯で1日分の野菜栄養分が!⇒『えがおの青汁満菜』
これ1杯で1日に必要な野菜350g分以上の栄養素を補給出来ます。

体験記はこちらから⇒『えがおの青汁満菜体験記』

バナー原稿 468×60 (140115)imp