青汁に関するよくある質問を集めてみました。きっとあなたの疑問も解決出来るはず!ここにも出てこない疑問があれば、お問い合わせフォームからご質問ください。管理人の出来る範囲で回答させて頂きます。(むろん、お答え出来ない場合もあります。)

⇒ご意見・お問い合わせはこちらから お願いします。

なお、回答は私が本やネット上で調べたもの、我が家の青汁体験などを元にしています。

Q1:青汁とは何ですか?

A1:一般に青汁とは緑黄野菜の絞り汁です。かつては絞った汁を飲んでいたのですが、現在では粉末タイプが主流で、他には粒タイプもあります。

関連記事:『青汁は粉末?粒タイプ?』

Q2:「美味しい青汁」って、ホントに美味しいの?

A2:青汁メーカーが公式サイトで、「美味しい、飲みやすい青汁」と表記していても、実際にその青汁を飲んでみると色々です。必ずしも誰が飲んでも美味しいとは言えないものがあります。

出来ればサンプルで確かめるか、1ヶ月分だけ注文して試してみることをお勧めします。まぁ、例外もありますが、一般にはケールの青汁は不味く、大麦若葉、明日葉の青汁は飲みやすいです。

関連記事:『青汁の飲みやすさ確認方法』

Q3:飲みやすい青汁って、どんな青汁?

A3:一般的には大麦若葉の青汁が美味しくて飲みやすいものが多いです。逆にケールの青汁は青臭くて、飲みにくいものが多いです。むろん、例外もあります。

飲みにくい青汁にはミルクやハチミツを足して飲めば美味しく飲めます。ただし、我が家では面倒なので何も入れなくて美味しい青汁しか飲んでいません。

また、粉末タイプじゃなくて、粒タイプの青汁を飲む方法もあります。粒タイプなら味を気にせず飲めます。

関連記事:『青汁は粉末?粒タイプ?』

Q4:子供やお年寄りでも安心して飲める青汁ってある?

A4:青汁は野菜の粉末なので、子供でもお年寄りでも大丈夫です。むしろ、野菜嫌いの子供には積極的に飲ませてあげて下さい。

ただし、我が家の経験から、飲み始めは少し分量を減らしてスタートした方が無難だと思います。いきなりだとお腹の調子が悪くなるかも知れません。最初の1週間くらいは分量1/2くらいがいいのでは?

Q5:苦い青汁にはハチミツやジュース、ミルクなどを入れてもいい?

A5:問題ありません。あなたもサンプルを取り寄せて飲んでみれば分かりますが、一口に青汁と言っても味や風味は商品ごとにかなり異なります。最近の青汁は飲みやすいと言われますが、中には必ずしもそうではないものがあります。

飲みやすくするためにハチミツ、レモン、ミルクなどを入れるのはOKです。ただし、ハチミツ入りの青汁は乳児には飲ませない方がいいそうです。乳児 には腸内細菌が十分備わっていないので、ハチミツに含まれる細菌に対する抵抗力がないそうです。

Q6:何種類かの青汁を混ぜて飲んでも大丈夫?

A6:全く問題ありません。現に我が家では、えがおの青汁満菜、ふるさと青汁、菜善青汁をチャンポンにして飲むことがあります。早い話、トマトとレタスときゅうりを混ぜて食べるのと同じです。原料は野菜ですから。

Q7:甘い青汁って、カロリー取り過ぎの心配はない?

A7:まず心配無用です。例えば、はちみつ入りの「キューサイのはちみつ青汁」で一袋26kcal、とても甘くて美味しい「菜善青汁」でも 7.3kcal、同じく甘くて美味しい「えがおの青汁満菜」でも14.3kcalです。

1日にせいぜい飲んでも2袋程度でしょうから、全くカロリー取り過ぎの心配は無用です。

Q8:青汁を選ぶときは、どんな基準で選べばいい?

A8;あくまでも私たち家族の場合ですが、どの青汁が長く続けられるかを基準に選びます。青汁は薬ではなく、野菜の粉末で即効性はありません。長く飲み続けないと効果が出てきません。

関連記事:『失敗しない青汁の選び方』

Q9:テレビのCM青汁はホントに健康や美容にいい?

A9:最近は本当によくテレビで青汁のCM流していますね。お笑い芸能人、歌手、スポーツ選手などが出てきます。さも健康や美容にいいような話を延々としていますが、テレビ画面の端っこには、こんなテロップが出ています。

「あくまでも個人の感想です。」これです。何ともしらじらしいですが、あくまでも青汁の効果を保証するものではないとお断りをしているのです。

よって、テレビCMの青汁があなたにとって効果的かどうかは、実際に飲んでみないと分かりません。どんなに有名な芸能人が出ていても、あなたが大好きな俳優が出ていても何の保証にもなりません。

Q10:やはり値段の高い青汁の方が健康にはいい?

A10:一概にそうだとは言えないでしょう。しかし、青汁に限らず世の中の商品は、高い値段にはそれなりの理由があり、安い商品にも安いなりの理由があります。

青汁の材料である野菜を、有機栽培で安全に作るのは決して安いコストではないように思います。

Q11:青汁の栄養分とはどんなもの?

A11:青汁に使われる野菜の種類によって含まれる栄養分の種類や量が変わります。一般的にはビタミンA、B群、C、E、Kなど、それに鉄、カルシウ ム、カリウムなどのミネラル、食物繊維などが含まれています。

市販されている青汁はその公式サイトを見れば詳しく成分が表示されています。ただ、表示方法が各青汁でまちまちであるため、いくつかの青汁同士を比 べようとすると非常に分かりにくいです。

Q12:ケールと大麦若葉の青汁はどっちがいい?

A12:材料の野菜にあまりとらわれない方がいいです。いくら材料の野菜に栄養があっても、青汁になった段階でどのくらい栄養が残っているか、それが 問題です。

野菜の比較をするより、その青汁の成分を確かめた方がいいです。まぁ、それもあまり意味があることだとは思えませんが。青汁の効果はあなたが実際に 2ヶ月、3ヶ月飲んでみないと分かりません。

ただし、青汁の味や風味は材料の野菜に左右されます。一般にはケールの青汁は飲みにくく(ハッキリ言って不味い)、大麦若葉の青汁は飲みやすい(美味しい)です。むろん、例外もあります。

関連記事:『青汁の飲みやすさ確認方法』

Q13:青汁を飲めば野菜は食べなくてもいい?

A13:絶対にダメです。あくまでも青汁は野菜不足を補う補助の役割であり、メインの栄養は食事から摂取するべきです。いくら青汁を飲んでも、食生活がめちゃくちゃでは何も効果は生れないでしょう。

Q14:青汁を飲むとどんな効果がある?

A14:青汁は薬ではありません。あくまでも野菜のエキスであり、あなたの野菜不足を補うものです。従って青汁を飲んですぐに何かの効果が出るものではありません。

しかし、その成分としては、豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維を含み、健康維持や美容に効果が期待出来ます。

Q15:青汁は1日にどのくらいの量を飲めばいい?

A15:青汁は薬ではないので特にきまりはありません。飲み過ぎて副作用が出ることもありません。あなたが野菜を食べるのと同じです。

ただ、青汁の飲み始めにいきなり大量に飲むと下痢や便秘になることがあります。最初は少しずつ体を慣らしたほうがいいようです。(私も一番最初は軽い下痢をしました。)

実際には市販の粉末タイプで言えば、1日に1~2包がオススメとしているメーカーさんが多いようです。これはコストとの兼ね合いもあると思いま す。毎日飲むのでばかになりません。我が家では1日に1包飲んでいます。

Q16:1日のうちいつ青汁を飲めば効果的?

A16:薬ではありませんから、食後とか食前とか、そういった決まりはありません。天然野菜の粉末ですからいつ飲んでも大丈夫です。ただ、毎日飲み忘れがないようにするには、決まった時間に飲むのがいいと思います。

ちなみに、我が家では食前に飲みます。こうすると、お腹がある程度ふくれて過食を防ぐ効果があります。私のダイエットの秘訣です。あなたもお試しあれ。

Q17:青汁を飲んで副作用が出ることはある?

A17:基本的に野菜の粉末なので副作用はありません。ただ、薬との飲み合わせで注意が必要となる場合があります。例えば、ワーファリンと呼ばれる坑血栓薬はビタミンKとの相性が悪く、青汁にビタミンKが多く含まれているので医師に確認するなど注意が必要です。

また、腎臓病の治療中の人は青汁に含まれるカリウムが負担になる場合があり、こちらも医師に相談するなど注意が必要です。

これらのケースは青汁だから特別に注意が必要なのではなく、ビタミンKやカリウムに対して注意が必要であり、他の食品同様の注意が必要と言う意味です。

関連記事:『飲むときの注意点とは?』

Q18:青汁は飲み始めてからどのくらいすると効き目が現れる?

A18:これは人によってまちまちです。薬ではありませんから、飲む人の生活習慣や食生活など、条件によって効果に差が出るでしょう。一般には最低3ヶ月は続けて飲んでくださいと書かれた本が多いようです。

ちなみに、私は飲み始めて1週間くらいでお通じに変化が現れました。これは食物繊維の影響だと思うのですが、栄養分とは違って物理的に作用するものは即効性があるのかも知れません。

Q19:青汁はどのくらい飲み続ければいい?

A19:青汁は野菜の粉末ですから、「いつまで野菜を食べ続ければいいですか?」と言う質問と同じことになります。私が思うにあなたが生きてる間はずっと飲み続けるのが理想的だと思います。

Q20:青汁は自分で作ることも出来る?

A20:安全で栄養のある野菜が手に入れば可能です。作り方はこちら⇒『自分で作ってみよう!』

Q21:青汁に使う材料は野菜なら何でも使える?

A21:基本的には野菜なら何でも使えます。ただし、野菜の葉や茎などを絞って飲むのですから、何よりも安全性が大事です。農薬まみれの野菜を使うと 返って有害です。

また、当然ですが栄養価が高い野菜でないと効果がありません。具体的に使えそうな野菜をご紹介してあります。
『青汁の材料となる野菜』

 

以上、青汁でよくある質問をまとめてみました。あなたのお役に立ちましたか?

青汁って効く? 美味しい? 材料は? ⇒『失敗しない青汁の選び方』