あなたが青汁を選ぶとき、必ず押さえて欲しい3つの要素をお話します。あなたの青汁選びが失敗しないよう、ピシっと3つの要素を押さえて青汁を選んで下さいね。

私と妻と娘は、2010年の10月から青汁を飲み始めました。もう5年が過ぎました。そんな私たち家族が青汁を体験した中から気がついた、青汁選びのポイントは3つです。

【あなたの青汁選びが失敗しないための3つの要素】

1.あなたが安全に飲めるまともな青汁を選ぶこと

2.あなたが長続き出来る味と風味の青汁を選ぶこと

3.あなたがファンになれる、こだわりの青汁を選ぶこと

以上の3つです。

では、1つずつ詳しく説明していきましょう。

1.あなたが安心して飲めるまともな青汁を選ぶ

まともな青汁とは何でしょうか。また、まともでない青汁とはいったいどんな青汁でしょうか。ここで言うまともな青汁とは、野菜成分がたっぷり入っていて、しかも安全、安心に飲める青汁を言います。

青汁とは一般には野菜の粉末や絞り汁を指しますよね。言 わば野菜のエキスです。しかし、あなたは意外に思うかも知れませんが、人気の青汁の中には、野菜より添加物が多いものがあるのです。それは青汁の原材料を見れば分かります。

通常、原材料は使用量の多い順に記載されています。そして、青汁の中には野菜よりも添加物が先に記載されているものがあるのです。

青汁には何パーセント以上野菜成分が入っていなくてはいけない、なんて規制はありません。添加物をいくら入れようともそこはメーカーの自由なのです。

その添加物が健康や美容にいいか、悪いかと言う問題は正直専門家じゃないので分かりません。しかし、せっかく青汁を飲むなら野菜エキスがいっぱい詰まった青汁を選びたいですよね。好き好んで添加物を飲みたいと思う人は一人もいないでしょう。

まずは材料表をチェックして、野菜よりも添加物が多い青汁でないことを確認して下さい。

次に、安全性のチェックです。これは実際にあなたが自分で確認することは出来ないので、出来る範囲での確認です。まず、あなたが選ぼうとしている青汁の製造ラインや製品が、第三機関による品質、安全性の認定を受けているかどうかをチェックします。

例えば、えがおの青汁満菜のように「GMP認定」を受けているとか、元気な青汁みたいに、「JAS有機加工食品」の認定を受けているとか、こういった類です。ISO9000なども参考になると思います。

もちろん、こうした認定が100%の安全性を保証するとは限りません。ただ、ひとつの目安にはなると思います。あるいは、その青汁のホームページ上で、どんな野菜の栽培をしているか、どんな品質管理、安全管理をしているか、そうした情報をチェックします。

あなたがいくつかの青汁ホームページをチェックするとすぐに分かると思いますが、この安全、安心のための情報発信には各社でかなり差があります。熱心に消費者目線で情報発信している会社もあれば、あまり熱心でなく、購入の手続きばかりに熱心な会社もあります。

私たち家族が色んな青汁を飲んでみて、とても残念だなぁと思うことの1つに、情報の発信不足があります。それはどんなことかと言うと、例えば私が5年間飲み続けているふるさと青汁は、製品といっしょに「だんらん」と言う冊子が送られてきます。

この「だんらん」の中には、材料の明日葉の栽培方法や青汁の製造方法など、安心、安全に関する情報が詳しく書かれていることがあります。

こうした情報を青汁を購入してくれるお客様に届けることはとても大切だと思うのですが、出来ればまだ購入していない、迷っているお客様にも情報提供して欲しいと思います。

冊子と同じ記事でもいいので、ホームページ上で公開すれば、これからふるさと青汁を買おうとするお客様にはとても大事な選択情報となります。安心材料の提供になります。

これはふるさと青汁に限りません。妻が飲んでいえがおの青汁満菜でも同様です。えがおの青汁満菜の場合には、「えがおで元気」と言う冊子が送られてきます。やはり安心、安全に関する記事が載っています。

ふるさと青汁の「だんらん」とえがおの青汁の「えがおで元気」。どちらも製品情報が満載です。この中から、安心、安全関連記事をホームページに乗せてくれたらいいのになと思います。

青汁は毎日口にするものです。メーカーが品質管理、衛生管理を徹底するのはむろんのこと、その徹底ぶりを私たち消費者にも安心できるよう、しっかりと情報発信して欲しいですよね。

そんな消費者目線の情報発信をしてくれる会社の青汁は、ちょっと信用出来る気がしませんか。

2.あなたが長続き出来る味と風味の青汁を選ぶ

多くの青汁がアピールしていることですが、青汁は長く飲み続けて初めて効果が出てきます。これは当然です。なぜなら、青汁は薬ではなく野菜エキスだ からです。

青汁に即効性はありません。

我が家でも私の生活習慣病改善効果、ダイエット効果、そして妻や娘の美肌効果は何ヶ月も飲み続けてやっと現れてきました。飲んですぐ効くと言う訳に はいかないのです。長く飲み続けることは青汁の効果を引き出す絶対条件です。

では、長く飲み続けるにはどんな青汁を選べばいいのでしょう。単に「美味しい」とか、「飲みやすい」と言うだけの青汁では長続きしないかも知れません。

途中で味にあきちゃうかも知れないし、飲むのが面倒になるかも知れません。まずは最低限、何も混ぜなくても美味しく飲めることです。青汁の中には、苦いとか青臭いとかでミルクやハチミツを混ぜて飲むことを推奨する青汁もあります。我が家ではそれは絶対に不可です。

1週間くらいは 続けられるかも知れませんが、とてもじゃないけどずっとはムリ。面倒過ぎます。もちろん、考え方には個人差がありますから、あくまでも我が家の場合です。

これも具体例として我が家の場合をご紹介しましょう。妻が飲んでる、えがおの青汁満菜は、大麦若葉が主材料の青汁で、とても美味しくて飲みやすい味をしています。濃厚でいて、まろやかな味です。

でも、妻が長く飲み続けている理由はそれだけではありません。えがおの青汁満菜はお湯や水の量を加減することで味の濃さが自由に調整できるのです。

とても濃い青汁なので、濃い味が飲みたいときはそのまま薄めて、ちょっと薄い味がいいなと思えば水を余分に注ぎます。これで味の加減が出来て飽きません。

一方、私が飲んでいるふるさと青汁はそれほど甘くない青汁です。決して野菜の青臭さはありませんが、でもどこかに野菜の風味を感じさせる後味があります。私はこの野菜風味がたまらなく好きです。いかにも効く、体にいい、といった気がします。

また、娘が飲んでいる菜善青汁は、モロに抹茶味です。抹茶味が大好きな娘にとって菜善青汁は青汁と言うことを忘れてしまうくらい普通の飲み物、日常に溶け込んだ青汁です。

特に青汁だと意識せず、何も努力せずに何となく飲み続け、気がつくと長期間飲み続けている、といった青汁です。いつも三日坊主、意思が弱い娘でも飲み続けています。

 

3.あなたがファンになれる、こだわりの青汁を選ぶ

同じ青汁を飲むにしても、その青汁のファンになって、好きで飲む、効果があると信じて飲むことはとても大事です。それは単に長続きするから、と言うだけでなく、本当に効果の差となって現れるからです。

あなたはプラセボ効果を知っていますか?新薬の治験を行うときに現れる効果です。ただの小麦粉でも薬と信じて飲めば薬と同じように効果が現れたり副作用が出たりすることを言います。人間の肉体は多くの部分で精神や感情に支配されているのです。

例えば、私はふるさと青汁に使われている明日葉のカルコンがお気に入りです。他の青汁にはないこの成分が必ず健康に役立つと信じています。何しろ明日葉は古くから八丈島の人々の健康を支えてきた実績があります。

これは私なりのこだわりです。小さなこだわりかも知れませんが、青汁を飲み続けるためにはとても大切なこだわりだと思っています。

あなたも、何かあなたなりのこだわりを持てる青汁を選ぶといいと思います。

「この青汁は○○だから絶対に効くはずだ」

そう信じながら飲める青汁があなたにピッタリの青汁です。

 

4.まとめ

以上、我が家で13種類の青汁を飲み、現在はえがおの青汁、ふるさと青汁、菜善青汁の3種類を定期購入している経験から言える青汁選びの3要素をあなたにお伝えしてきました。

1つ目には、野菜より添加物が多いような青汁ではなく、栄養満点のスーパー野菜を、衛生的な加工方法で青汁にしたものを選んでください。

2つ目には、あなたが長く飲み続けることの出来る青汁を選んでください。いくら美味しくて飲みやすい青汁でも、長続きしなければ意味がありません。

青汁は長く飲み続け ることによってその効果が現れてくるのです。

そして3つ目に、あなたが絶対に効きそうだと信じて飲める、あなたが大ファンになれそうな青汁を選んでください。あなたなりのこだわりを発見できる青汁があなたにとってベ ストな青汁です。効果を信じて飲むことがとても大事です。

青汁に限りませんが、理屈で健康や美容にいいものを、継続して飲み続ければ必ず効果が出てきます。むろん、効果の程度や時期に個人差はあるでしょう。

しかし、飲まないよりは絶対に健康にプラスになるはずです。あなたが生活習慣病を予防したり、肌荒れを改善したり、そんな希望があるならぜひ青汁を試してみて下さい。

■青汁って効く? 美味しい? 材料は? ⇒『失敗しない青汁の選び方』