TOPコラム集TOP>第31回 ケールの青汁で骨粗鬆症予防

ケールの青汁でカルシウムを補い、骨粗鬆症の予防が出来ます。

青汁メーカーのファンケルが自社のホームページ上で公開した情報によると、ケールの青汁
には溶解性の高いカルシウムが多く含まれ、高齢者の骨粗鬆症予防に効果があることが
データで明らかになったそうです。

ニュースソースはこちらから⇒『ケールの摂取が閉経後女性の骨密度と骨代謝へ与える影響』

では、このプレスリリースから要点をあなたにもご紹介しましょう。

ケールの青汁が骨粗鬆症に効果的だと研究したのは誰?

株式会社ファンケルと、新潟リハビリテーション病院の山本智章医師の共同研究です。

ファンケルは青汁の他にも様々な健康食品や化粧品、衣料品に雑貨まで幅広く販売しています。

テレビや新聞、雑誌など色んなメディアに広告を載せているので、きっとあなたも名前をご存知
でしょう。

一方、山本智章医師は専門が整形外科で、特に骨粗鬆症について研究をされています。

また、スポーツ医学もご専門で、新潟在住と言うこともあって、日本プロバスケットbjリーグ
新潟アルビレックスのチームドクターをされています。

更にはプロ野球独立リーグBCリーグ新潟アルビレックスのチームドクターも兼任されています。

試験の的はなに?

主に高齢者に対する骨粗鬆症の予防にケールの青汁が有効であることを証明し、広く予防に
役立てることが目的です。

試験方法は?

閉経後の女性13名(平均年齢59.4歳)を対象。

ケール青汁を1日に2~3回、毎日飲んでもらう。

ケール青汁は、ケールの粉末加工品で、1本あたり9.5gを100mlから150mlの水に溶かしたもの。

青汁摂取前、摂取3ヶ月後、6ヶ月後、12ヶ月後に、血清カルシウム、及び骨代謝マーカーを測定。
血清カルシウム、骨代謝マーカー、どちらも数値が下がれば、骨量減少に効果があると判断出来ます。

試験結果は?

試験期間中ケール青汁から摂取したカルシウム量は、1日227.9~354.5mg、ビタミンKは
246.1~375.8μgでした。

青汁摂取3ヶ月目から骨代謝マーカーの数値が低下し、6ヶ月後、12ヶ月後も優位な低下状態を
維持していた。すなわち、骨粗鬆症の予防効果が確認出来ました。

(2点、補足します)

体内でカルシウムが骨を形成するにはビタミンKが必要です。ケールの青汁にはカルシウムと
合わせてビタミンKが豊富に含まれており、骨粗鬆症には非常に有効です。

人の骨は古くなると破壊され、代わりに新しい骨が形成されています。骨も代謝を繰り返して
いるのです。骨代謝マーカーを測定することで、骨密度を知ることが出来ます。

山本智章医師のコメント

『驚いたのは3ヶ月という早い時期に代謝マーカーに明らかな変化が見られたことです。
これはケール青汁摂取が骨の健康維持に有効であることを示しています』

以上のように、ケールの青汁に含まれるカルシウム、ビタミンKの効果によって骨粗鬆症の予防
効果が確認出来たと言う事です。

ケールのカルシウムは体内で非常に吸収されやすく、牛乳と同等以上の吸収率だそうです。

あなたも将来の骨粗鬆症に備えて、今からケールの青汁を飲み始めてみませんか?

ただ、どうしてもケールの青汁は味、風味、香りに難があります。
我が家では人気がなくて、試してはみましたが結局長続き出来ませんでした。

あなたが我が家の家族と同じ、ケールの味が苦手なら、ミルクやハチミツなどで一工夫すると
いいかも知れませんね。

・・○ファンケルのケール青汁お試しセットはファンケル公式サイトから

ファンケル 【通販限定】 青汁粉末お試しセット 特別価格780円!


青汁効果(栄養)完全ガイド TOP