ケールの青汁で伝説となったテレビCMをあなたにもご紹介しましょう!

私がいつも利用している私立図書館で面白い本を見つけました。

それがこの本です。

ケールのチカラ

『ケールのチカラ』 西川敦子 著 ダイヤモンド社


この本はいったいどんな本かと言えば、まず野菜としてのケールの素晴らしさを解説した本です。言わずとしれた、「野菜の王様」たるケールの偉大さを改めて教えてくれます。

そしてそのケールを材料として青汁を作り、あの伝説となったテレビコマーシャルで世に広めたキューサイ青汁30年の歴史を解説してくれる本です。

一般に世に出ている青汁効果を説く本とはやや趣を変えて読み物として面白く書かれています。今までの青汁本って、こんな病気が治りましたとか、こんなにダイエット出来ました、みたいな記事が多かったのです。

でも、この本にはそういった病気が治った事例、ダイエットできた事例はいっさい登場しません。何となく安心して読めるって感じです。

・・◇あなたは伝説のテレビCMをご存知ですか?


私がこの本の中で最も面白く感じたのは、あの伝説となったテレビコマーシャルについての記述です。

そのCMは1990年10月より放送開始されました。あまりのインパクトの強さに、青汁には全く興味を持っていなかった人も青汁に関心を持つようになりました。

その伝説のテレビCMがこれです!⇒「キューサイ青汁」

確かにケールの青汁は不味いのですが、それをテレビで堂々と、思い切り叫ぶシーンが衝撃的です。

このテレビCMに出演しているのは八名信夫という俳優さんです。「悪役商会」という、テレビや映画などで悪役を演じる人たちが作ったグループのリーダーです。

確かに当時、多くのテレビ番組で悪役をしてました。八名信夫が登場しただけで、「あ、こいつは悪者だ!」という役どころが直ちに分かったものです。

そんな悪役の代名詞みたいな俳優さんが、青汁を飲み干して思い切り叫ぶのです。

「あ~、まずい~!」

でも、その後にもう一言続けます。

「もう一杯!」

こんなCMです。

実はこのCM、本当は「まずい~!」なんて叫ぶ台本ではありませんでした。

本当は、

「こいつは健康によさそうだ!」

「悪役にもピッタリだ!」

というセリフだったのです。

でも、なんだかそれじゃ面白くない、青汁の個性が視聴者に伝わらない、八名信夫はそう思ったのです。

それでCM撮影当日、撮影現場に来ていたスポンサーのキューサイ社長、長谷川常雄氏に、

「セリフを変えてもいいですか?」

と申し出たのです。

長谷川社長が、

「何かいいセリフがありますか?」

と八名信夫に尋ねました。

すると八名信夫は、

「まずい!と言っていいですか?」

そう言ったのです。

これには長谷川社長も驚きました。確かにケールの青汁は不味いけど、それをそのままテレビCMのセリフにするなんてあり得ない話です。

さすがに社長も即答が出来ず、5分ほど考えた込んだそうです。そして、まずいと言ってもいいけど、その後に何かフォローの一言を言って欲しいと条件を付けました。まずい、だけで終わってしまっては青汁は売れません。

そこで八名信夫は「不味い!」と叫んだ後に、「もう一杯!」と続けることにしたのです。

こうして後に伝説となったキューサイ青汁のテレビCMは、撮影当日に現場で俳優と社長の間で急きょ台本が作られたCMだったのです。

このCMは当初九州地区限定、それも3ヶ月だけの放映予定でした。しかし、放映と同時に大きな反響を呼び全国放映となりました。

そして当時のテレビのバラエティ番組で罰ゲームに青汁が使われるようになり、ますます認知度が高まりました。

八名信夫もこのテレビCMが大ヒットしたおかげで彼の認知度も高まり、従来の悪役だけでなく幅広い役どころを演じるようになりました。

やさしいおじいちゃん、刑事、ついにはNHKの朝の連続ドラマにも出演したのです。青汁効果恐るべし!

ちなみに当時八名信夫がCMで飲んでいた青汁は、ケール100%の冷凍青汁です。まさに、青汁の王道中の王道、確かに不味かったことでしょう。


・・◇やっぱりケールの青汁はすごい!


さて、やたらとケール青汁の不味い面ばかりを強調してきましたが、何と言っても「野菜の王様」ケールです。健康や美容にいいのは間違いありません。

「ケールのチカラ」によれば、ケール100g中の栄養分はこんな感じです。

●カルシウム
牛乳の約2倍。吸収率も約1.3倍。カルシウムを取ろうと思ったら牛乳や小魚よりもケールの方が効率がいいのです。

●βカロテン
緑黄色野菜のピーマンの7倍以上。βカロテンはビタミンAに変わります。

●食物繊維
トマトの3.7倍。食物繊維はダイエット効果、がんの予防効果などが知られています。また生活習慣病の予防にも効果があります。

●ビタミンC
ビタミンCと言えばすぐに思いつくのがイチゴですが、ケールは100g中に81mgもビタミンCを含み、イチゴよりもビタミンCが多いのです。

●ポリフェノール
あらゆる野菜の中でもケールがダントツに含有量が多いのです。ブロッコリーの約1.6倍。

とまぁ、こんな感じで「ケールのチカラ」には説明されていました。なぜケールの食物繊維をトマトと比較するのか?といった素朴な疑問はともかく、ケールが野菜の王様であることは間違いありません。

そのケールを使った青汁もまた栄養満点です。これも間違いありません。

できればケール100%、何も添加物なしで飲みたいですね。

でも、八名信夫が「不味い~!」と叫んだように、ホント、ケールの青汁は不味いです。

我が家でも何種類かケールの青汁に挑戦してきましたが、どうしても飲めませんでした。ハチミツやジュースを混ぜて飲むという方法もありますが、何しろ青汁は毎日飲むものだから、面倒くさくて我が家では到底長続き出来ないのです。



・・◇ケール青汁に挑戦するならコレ!


そこで我が家で飲んでいるケール青汁がコレです。「元気な青汁」という粒タイプのケール青汁です。

元気な青汁粒の大きさ


ケール100%、混ぜ物なしで飲める粒タイプの青汁です。これなら不味い、臭いは問題ありません。水に溶かす手間もいらず、ゴクリと飲めばお終いです。

あなたがケールの青汁に挑戦してみたいと思うなら、このように粒タイプもあるので試してみてください。今ならお試し特別価格で1ヶ月分が手に入ります。

ちなみにテレビCMに出演した八名信夫は70代になった今でもケール青汁を飲み続け、元気に仕事をこなしているそうです。「まずい!」は本音だったけど、「もう一杯!」もホントになりました。

ケールの青汁を30年も飲み続けたら、それはもう健康でしょうね。すごいです。我が家はまだ青汁を飲み始めて2年半。30年も続けられるかどうかは分かりませんが、ずっと飲み続けるつもりです。

元気な青汁の詳しい説明はこちらからご覧になれます。

トウ・キユーピー「元気な青汁」特別価格1980円送料無料


また、我が家で試した体験記もあります。

「元気な青汁」体験記


青汁効果(栄養)完全ガイド TOP