青汁の広告で「あれ?」って思うやつ、見つけました!

健康食品・飲料の業界ではとどまるところを知らない青汁人気です。次々と新商品が登場する一方で、既存商品もあの手、この手で売り込みを続けています。

そんな青汁人気の中で、「あれれ?」と思う、ツッコミ入れたくなる広告を見つけました。

ちょっと笑えるのでご覧ください。

・・◇青木ゆみか登場!


その青汁の広告とは、青木ゆみかが登場する、「男の青汁」です。当サイトでも以前取り上げたことがあります。

『男の青汁ってなんだ?』

この記事を書いたのが2013年の12月ですから、約半年前です。今回、あらためて青木ゆみかを使ってCM展開しようということでしょうか。

さて、その青木ゆみかの宣伝コメントが笑えます。

「今まで飲んだ青汁の中で、一番飲みやすい。私は、豆乳に入れたり、ヨーグルトや蜂蜜と一緒に美味しくいただいてます!」

どうですか?

私は思い切り笑ってしまいました。だって変でしょう、このコメント。

どこが変なのか?

1.今まで飲んだ中で一番美味しいというなら、そのまま飲めばいい。なぜ、わざわざ豆乳やヨーグルト、ハチミツといっしょに飲むのか?

2.それは、男の青汁の主原料がケールだから。どんなに美味しいと宣伝しようが、事実としてケールの青汁はまずい!そのままでは飲めない!(我が家の場合です)

3.青木ゆみか個人が、「私が飲んだ中で一番」と言ってのがミソ。当然ながら、いったいどんな青汁を飲んできたのかさっぱり不明。男の青汁より不味い青汁ばかりを飲んできたのなら、言ってることは正しい!

ちなみに、男の青汁の主原料は以下のようなものです。

●ケール

●高麗人参

●マカ

●トンカットアリ

●亜鉛

●アルギニン

●シトルリン

こんな感じです。

これらの原料、どうみても美味しいとは思えないですね。まぁ、我が家も試したことがないので、飲まずして批評するとは何事だ!とおしかりを受けるかも分かりませんが。どうみたって不味そうです。

そもそも、マカとかトンカットアリとか、男性ユーザーの精力増強を図った成分が入った青汁を、なぜ女性の青木ゆみかが宣伝してるのでしょうか?そこが真っ先に笑えます。


・・◇ケールの青汁に挑戦するなら・・・


確かにケールは青汁の原料として、栄養価から言えば文句のつけようがありません。最強の原料でしょう。その豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維は抜群です。

しかし、どんなに栄養価が高くても飲めなければ、続けられなければ意味がありません。当然ですよね。我が家でもケールの栄養成分はすごいと認めて何種類も挑戦しましたが、ことごとく挫折しました。

ケールの不味さは半端じゃありません。あの青臭い匂い、そして苦い味。だめですねぇ。

そんな我が家でたったひとつ、ケールの青汁に成功したのが「元気な青汁」です。なぜなら、元気な青汁は粒タイプで、匂いも味いも気になりません。

もしもあなたがケールの青汁に挑戦するなら、ぜび「元気な青汁を試してみてください。

元気な青汁の粒

【元気な青汁】飲みやすい”粒”タイプ!初回限定1980円

今回は「男の青汁」、青木ゆみかの宣伝を取り上げました。青汁人気は高まる一方ですが、気を付けないと思ぬ失敗買い物をしてしまいます。

飲めない青汁を買ってしまうことくらい、悔しいことはありません!どうかあなたは宣伝文句に踊らされず、しっかり見極めて下さいね。取りあえず、私は青木ゆみかの宣伝コメントは信用しません!

************************************************
*「せっかく買ったのに・・・」 飲めない、効かない、続かない!
3年間飲み続けてやっと分かった青汁の選び方! ⇒『失敗しない青汁の選び方』
************************************************