TOPコラム集TOP>第15回 日焼け対策には青汁が効く

今からいよいよ夏本番を迎えます。女性の皆さんは紫外線が気になりますよね。日焼けすることが分かっていても半袖、ノースリーブのファッションになってしまいがち。

そこで、紫外線を浴びた肌のお手入れが肝心です。日焼けと言うのは肌のメラニン色素が生成されることによって起こります。メラニン色素を抑えるにはビタミンCを多く摂取することが有効です。

また、紫外線を浴びることによって出来る活性酸素を抑えるには、βカロテン、ビタミンEがとても有効です。このサイトで何回かご紹介した抗酸化作用ですね。

ビタミンCはかんきつ類のレモン、グレープフルーツ、トマト、じゃがいもなどに多く含まれています。またビタミンEはアボカド、ゴマ、豆類に多く、βカロテンはにんじん、カボチャなどに多く含まれます。

こうした夏野菜、フルーツ類を多く取ることが体の内部から効果を出す日焼け対策です。

しかし、なかなか思うように野菜を取れないあなたもいるでしょう。そんなあなたにこそ、青汁がもってこです。βカロテン、ビタミンC、ビタミンEとくれば、青汁の得意中の得意成分です。

元々青汁は緑黄野菜のエキスですから、こうした成分が多いのは当然です。手軽に野菜の栄養を補給出来ます。冷たい水で溶くか、初めから冷蔵庫で冷やしておけばいつでもゴクゴク飲めます。脱水予防の水分補給もかねて一石二鳥です。

これは全くの余談ですが、私は男性なのであまり肌のダメージに気を使いません。若いときは夏に海で思い切り日に焼いてました。いつも真っ赤になって水ぶくれとなり、悲惨な状態になります。

日焼けというのは、少し時間が経ってからどのくらい焼けたか分かりますよね。日に焼いてる最中はとても気持ちがいいものです。夜になって、気がつくと真っ赤で水ぶくれ、しまった、と思っても手遅れです。あなたもそんな経験がありませんか?

いくら青汁を飲んでも、水ぶくれまでひどくなるとどうしようもありません。くれぐれもご用心。

■コップ1杯で1日分の野菜栄養分が!⇒『えがおの青汁満菜』
これ1杯で1日に必要な野菜350g分以上の栄養素を補給出来ます。

体験記はこちらから⇒『えがおの青汁満菜体験記』

バナー原稿 468×60 (140115)imp