TOPコラム集TOP>第22回 産地偽装と日馬富士と700億円

今回は青汁に関連して、3つの話題をお届け致します。キーワードは、

産地偽装・日馬富士・700億円

では、さっそく本文です。

・・1.青汁で産地偽装事件


ニュースによると、奈良県下市町下市の医薬品原料卸会社、「前忠」の社長、前忠吾容疑者(53)と
弟で同社役員の博友容疑者(51)は、青汁の原料である大麦若葉の産地を偽装をして販売し逮捕
されました。

同容疑者は、昨年10月から11月に、中国産の大麦若葉1トンを混ぜた原料を福井県産と偽って
岡山県内の製薬会社に出荷したそうです。

中国産ウナギの産地偽装はよくニュースで見ますが、青汁の大麦若葉まで偽装とは。

今や産地偽装は必ずバレるし、バレてしまえば取り返しのつかない致命傷になることは明白です。
それでもこうして、今だに産地偽装を行う経営者がいるのですね。

青汁は野菜の粉末だから、原料が命です。無農薬はむろん、いかに豊富な栄誉を持って育てられて
いるか、そこが肝心です。

栄養満点、安全安心が実現出来てこそ、美味しい、健康と美容に効く青汁ができます。
中国産の大麦若葉がどんな品質なのかは知りませんが、産地偽装は絶対に許されません。

・・2.日馬富士は青汁で優勝!


大相撲名古屋場所で2度目の優勝を果たした大関、日馬富士(27)は、野菜が嫌い。そこで、
野菜不足を補うために青汁を飲んでいます。

青汁を飲めば必ず体の調子がよくなると信じて、毎日2杯は飲んで稽古に精を出しているそうです。
部屋の後輩たちにも、青汁は体にいいからと勧めているのだとか。

そして、いよいよ綱取りがかかる秋場所では、場所中は毎日3杯飲む!と意気込んでいるそうです。
うーん、恐るべし青汁パワー!いったい、どこのメーカーの青汁なのでしょうか。

ちなみに、以前ジャイアンツの坂本選手が青汁を飲んでいる記事を書きましたが、今シーズンの
坂本選手はサッパリです。青汁パワーは効かなかったみたいですね。

・・3.青汁市場は700億円突破!


ニュース記事によると、国内の青汁市場は3年連続で伸び続けており、ついに昨年は700億円を
突破したそうです。

そして、今年上半期もその好調ぶりは続いているそうです。

有機原料や国産原料を中心に生産量は増加しているのです。(これが産地偽装の背景?)
新商品の投入も盛んで、従来の中高年層に加えて家族が一緒に飲める青汁が人気だそうです。

要は飲みやすくて、低価格と言うことでしょうか。

そして、青汁市場では国産原料を使用した高額商品と、薄利多売型商品の二極化が鮮明となって
います。これだけ青汁の種類が増えれば、何か特徴がないと市場から消えてしまうでしょう。

あなたもご家族の健康に青汁を始めてみてはいかがですか?

■コップ1杯で1日分の野菜栄養分が!⇒『えがおの青汁満菜』
これ1杯で1日に必要な野菜350g分以上の栄養素を補給出来ます。

体験記はこちらから⇒『えがおの青汁満菜体験記』

バナー原稿 468×60 (140115)imp