TOPコラム集TOP>第13回 美容目的の青汁?

先日、私の元へ1通のメールが届きました。それは、青汁の宣伝メールでした。いつ登録したのか、全く記憶がないのですが、ネット上で青汁を探しまわっていた頃に申し込みしたのかも知れません。

そのメールの中に、「美容目的の青汁」と言うフレーズが出てきました。この手のフレーズ、けっこう目にします。青汁販売会社の公式サイトでも「美容にいい青汁」と言う表現を見かけます。

私に届いたメールには、青汁には食物繊維と言う美容に効果的な成分が含まれているが、更にコラーゲンやヒアルロン酸を加えて美容効果を増した青汁があると紹介されていました。

青汁にコラーゲン、ヒアルロン酸を足す?私的には何となく違和感を覚えます。あなたはいかがですか?

言うまでもなく、コラーゲンもヒアルロン酸も美容にはとても有効な成分であり、多くの健康食品、サプリメント、化粧品の材料として使用されています。

ヒアルロン酸は、抜群の保水力でお肌の潤いを保つ効果があります。また、関節痛にも効くことで有名です。八千草薫さんがしょちゅうテレビCMで言ってますね。

一方、コラーゲンはたんぱく質の一種で、こちらもお肌の潤いを保つ効果があります。お肌プルンプルンってよく言いますよね。

これらを青汁の材料として混ぜるのは、確かに美容に効果的なのかも知れません。でも、それを「青汁」と呼ぶのでしょうか。

そもそも、「青汁とは何か?」と言う疑問に対する法的な回答はありません。野菜が何%以上使われていること、なんて規制もなければ、添加物の制限もありません。(一般的な食品としての制限はあると思います。)

つまり、どんなものを「青汁」と呼んで売ろうと売る側のかってなのです。

事実、野菜よりも添加物の方が多い有名青汁もあります。(みんな、それを知って買ってるのか大いに疑問)

むろん、どんな材料が使われていようが、それを承知でいいと思ってあなたが買うのは問題ありません。私がケチつける問題でもないし、ケチつける積りもありません。

ただ、私にとっての「青汁」とはスーパー野菜のエキスであり、健康に効くと同時に美容にも効くものです。人間の免疫力を高め、ちょっと大げさに言えば生命力を高める飲み物です。

私が思うに、本当に美容に効果のある青汁は、絶対に健康にも効果があります。これは青汁に限らず、どんな健康食品でも同じだと思います。

体の内部が健康でなくして、美容効果などあり得ないと思うからです。

だから、あなたが青汁を選ぶとき、飲むとき、「美容にいい?それとも健康にいい?」と考える必要はありません。どちらか一方にだけ効果的な青汁などないからです。

関連記事:『青汁の目的や用途を考える』

■コップ1杯で1日分の野菜栄養分が!⇒『えがおの青汁満菜』
これ1杯で1日に必要な野菜350g分以上の栄養素を補給出来ます。

体験記はこちらから⇒『えがおの青汁満菜体験記』

バナー原稿 468×60 (140115)imp