TOPコラム集TOP>第25回 青汁は万能薬?

『青汁は効く』(主婦の友健康ブックス)と言う本を見つけました。この本は青汁生みの親、遠藤仁郎博士によって書かれた本です。初版は昭和55年(1980年)と言いますから何と今からもう30年以上も前に出版された本です。

内容は、青汁の効果、作り方、飲み方、保存方法など、青汁に関するありとあらゆる解説がなされています。さすがに青汁生みの親、文章には青汁に対する熱い情熱が溢れだしています。

では、今から30年以上前、青汁生みの親と言われる遠藤仁郎博士が語る青汁の万能薬ぶりをあなたにもご紹介致しましょう。

まず、「青汁は効く」の第9章に、「こんな症状、病気に青汁が効く」と言うのが載っています。そこには、何と74種類の病気、症状が上げられています。

高血圧、動脈硬化、骨粗鬆症、肥満症、アレルギー症など、最近出版された青汁の本にも書かれているような病気から、ぎっくり腰、むちうち症、水虫、虫歯など、ちょっと今の本ではお目にかかれない病気にも効くと書いてあります。

更には白血病、ベーチェット病、進行性筋委縮症といった超難病にも効くと書かれてあります。

例えば、ぎっくり腰。青汁は野菜の絞り汁です。なぜぎっくり腰に効くのでしょうか?本文によると、青汁を飲むことによってじん帯や骨質が強くなり、弾力を持たせることが出来る、こんな理由です。

では、虫歯は?なぜ、青汁が虫歯に効くのでしょうか。本文によると、加工食品を多く取っている人には虫歯が多く、野菜などの自然食品を多く取っている人には虫歯が少ない。ゆえに青汁を飲む人は虫歯が少ないはずだ、そう書かれてあります。

うーむ、ちょっと苦しい気がしないでもありませんが、遠藤博士は青汁こそが栄養調和の決め手、これさえ飲めば栄養バランスは大丈夫と考えていたのです。

栄養バランスが取れた食生活で健康な体、病気になりにくい体、回復力の早い体が出来ると説かれています。それはその通りでしょう。結果的に74種類もの病気、症状が予防出来たり、改善されると言う訳です。

まさに今日、明日の効果ではなく、何年も青汁を飲み続けた末に手に入る効果を説かれています。青汁が効く、と言うよりも栄養バランスの取れた食事が健康には大事、と説かれているようなものだと私は理解しました。

遠藤博士のオススメ青汁は、新鮮なケールの絞りたてです。それを必要に応じてコップに3杯も4杯も飲むよう推奨しています。

日頃から野菜をあまり食べない人は青汁を多く飲んで野菜不足を補いなさい、と言う訳です。コップに何杯も飲むくらいでないと効果は出てこないと書かれています。

また、遠藤博士によると、次のような人に青汁が効果的だそうです。ちょっと多いのですが全部転記してみます。

忙しい人、疲れやすい人、外食中心の人、野菜嫌いの人、食欲のない人、太り過ぎの人、やせっぽちの人、便秘がちの人、生理不順の人、眠れない人、顔色の悪い人、かぜをひきやすい人、口臭・体臭が気になる人、乗り物に酔いやすい人、冷え性の人、アレルギー体質の人。

16種類の人に青汁がいいとオススメです。まぁ、最近出版された青汁の本にもほぼ同様の内容が出てきます。一言で言えば、青汁は栄養バランスに問題がある全ての人にオススメってことです。

こうして、遠藤博士の本を読んでみると、青汁はまさに健康の決め手、万能薬です。74種類もの症状、病気を改善出来るスーパー健康食です。

確かに、栄養バランスの取れた食生活が健康にいいのは当然であり、青汁が野菜不足を補うと言う意味で言えば、回り回って74種類の病気、症状に効く、と言うのは丸きり根拠のない話ではないような気もします。

遠藤仁郎博士は、青汁をご自分の家族にも飲ませ、難病を治療されています。まず、息子の治郎さんの肺炎を治しました。更に奥さんの急性腎炎も青汁で治してしまうのです。

戦時中の食糧も薬も満足にない時代に、遠藤仁郎博士は愛する家族に青汁を飲ませて病気から救ったのです。

この体験がきっかけで、遠藤仁郎博士は青汁の効果に絶対の自信を持ち世に広めることになります。実際に多くの病気で苦しむ患者が青汁で救われたと、口コミでどんどん広まり、しまいには日本中に知られることとなります。

このあたりの経緯は、こちらに詳しく記事にしてあります⇒『青汁生みの親、遠藤仁郎博士』

遠藤仁郎博士にとっては、間違いなく青汁は万能薬であり、その効果を信じて疑わなかったのです。『青汁は効く』を読むと、その遠藤仁郎博士の熱い想いが伝わってきます。

むろん、青汁は薬ではありません。病気の治療目的に青汁を飲むことは問題があると私は思っています。誰もが肺炎を治したり、急性腎炎を治すことが出来る訳ではないと思います。

青汁はあくまでも野菜不足を補う補助飲料として活用すべきであると思います。それを承知で青汁を飲めば、青汁の豊富なビタミン、ミネラル、食物繊維が威力を発揮することでしょう。

■コップ1杯で1日分の野菜栄養分が!⇒『えがおの青汁満菜』
これ1杯で1日に必要な野菜350g分以上の栄養素を補給出来ます。

体験記はこちらから⇒『えがおの青汁満菜体験記』

バナー原稿 468×60 (140115)imp