TOPコラム集TOP>第12回 100グラム598円の青汁

先日、ドラッグストアに行ったら、青汁を売っていました。ちょっと気になって、手にとって見ると、大麦若葉の青汁でした。お値段は一箱100グラム入りで598円でした。

普通、通販で売っている青汁の多くは一袋に3グラムくらい入ったものが30袋入って3,000円前後です。すなわち1グラム当たりが30円ちょっとします。

それに比べるとドラッグストアの青汁は1グラム当たりが6円しません。1/5以下の値段です。

まぁ、一袋ずつの包装をしていない分、コスト削減が出来ているのだと思いますが、それにしても安い。

むろん、青汁は値段が高い方がよく効いて、安いものは効果が薄い、などと言う積りは毛頭ありません。

しかし、私はつい農家をやっている友人の話を思い出すのです。友人は大分県の国東(くにさき)と言う所で農家をしています。国東は、実は青汁の材料となるケールや大麦若葉の栽培が非常に盛んな土地でもあります。

友人は脱サラして農家1年生だったとき、知人を通して青汁用のケールや大麦若葉の栽培の話を持ちかけられたそうです。しかし、友人はその話を断りました。

なぜなら、とんでもなく手間がかかる栽培方法が指定されていたからです。青汁は材料の野菜が命、品質の決め手です。無農薬で化学肥料を使わない栽培方法は、当然それだけ農家の手を余分にかけることになります。

米やアスパラガスを作っていた友人には、到底出来そうもない栽培方法だったそうです。

そこで私は思うのですが、そんなに手のかかる栽培方法で育てた野菜が、安いはずがない。あなたもそう思いませんか?安全と栄養が第一であり、そのためにかかるコストはそれなりの金額になると思うのです。

いや、だからドラッグストアの100グラム598円の青汁が品質がよくないとか、安全でないと決めつけている訳ではありません。私の個人的な感覚として、ちょっと安すぎるような気がしただけです。

あなたはどう思いますか?

________________________________________________

○ご存知ですか?「おいしい青汁」にもピンからキリまであることを!
・我が家で13種類、青汁飲んでみた!⇒「えがお」が一番おいしかった!
・妻(51歳)が選んだ野菜不足対策はコレ!⇒■おいしく飲める!「えがおの青汁」
・体験記はこちら⇒『えがおの青汁・妻の体験記』


青汁効果(栄養)完全ガイド TOP