青汁の効果についてご紹介します。まず、最初にあなたにお断りをしておきます。

あなたが何かの病気や異常な症状があって、その治療目的に青汁を頼るのは危険です。青汁は薬ではないので、あなたの症状が必ず改善される、病気が治るとは限りません。(それが可能なら立派な薬で通用します。)

病気の治療はやはり専門医に診てもらうことが第一だと思います。

しかし、緑黄野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維があなたの健康維持や美容にいいのは間違いありません。厚生労働省もあなたの健康のために野菜を1日あたり350g以上食べるよう推奨しています。中でも緑黄野菜は120g以上と言う目安まで出しています。

従って、あなたが外食の多い人や、野菜嫌いの人で十分な野菜の量を取れずにいるとしたら、それを補う意味で青汁を毎日飲むことは当然あなたの健康にはプラスです。理にかなった補給と言えます。

市販の青汁はホントにたくさん売られていますが、その材料も成分もまちまちです。そこで、ここではあなたが青汁を飲むにあたって、

「こんな病気の予防に働いてくれたらいいな。」

「こんな美容効果が出てくれたらいいな。」

と期待する病気や症状をいくつかピックアップし、その病気を予防したり、美容にいい成分をご紹介したいと思います。

例えば、あなたが吹き出物に悩んでいるとします。その場合、一覧表から「美肌」をクリックしてもらうと、吹き出物が出来る原因や、予防、改善に効果的な栄養素が分かります。

そこであなたが美肌に効果的と思われる青汁を探すとき、その成分を多く含む青汁を選べばいい訳です。

まぁ、理屈はそうなのですが、実際にあなたが選んだその青汁が、あなたの吹き出物を改善出来るかどうは、飲んでみないと分かりません。

くどいようですが、青汁は薬じゃないので、病気の治療や美容効果を保証するものではありません。ここ、大事なので具体例でご説明しましょう。

しあわせ青汁にはビタミンB2がとても多く含まれています。そしてビタミンB2はお肌の美容にはとても有効な成分です。

このビタミンB2がお肌にいいと言うのは、いろんな栄養の本に出てきます。言わば周知の効果と言えます。従って、

「しあわせ青汁に多く含まれるビタミンB2はお肌にいい。」

と言うことは言えます。

でも、それは単にビタミンB2の有効性を言ってるだけで、しあわせ青汁の有効性ではありません。
ですから、

「しあわせ青汁を飲むとあなたの肌荒れが治る。」

とは決して言えません。

これは似てるようで全く違う話です。これ、ちょっと考えれば当たり前ですよね。

あなたの吹き出物の原因が、食生活や生活習慣であった場合、単にしあわせ青汁で飲んだビタミンB2成分だけで解決出来る保証なんてありません。

従って、ここにご紹介する病気や美容に有効とされる成分は全て栄養の本や病気の本に出てくる一般的に周知されたものばかりです。

特定の青汁に病気を治す効果や美容に有効な効果があると保証するものではありません。その点だけ、ご承知おきの上でご覧下さい。

結論から言えば、生活習慣病の予防や美容には、野菜をいっぱい食べましょう、栄養バランスに注意しましょう、と言うありきたりの話に行き着きます。

青汁はあなたの野菜不足、野菜嫌いを補う方法の1つです。

では青汁に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維がどんな効果があるのか、下の表をご覧下さい。病名や効果をクリックすると、詳しい解説ページをご覧頂くことができます。

生活習慣病やその他の病気の予防、改善が期待できる成分

病名をクリックすると詳しく説明したページをご覧頂けます。

病  名 原 因 と 症 状 予防や改善に期待出来る成分
動脈硬化
年齢と共に動脈の内側にコレステロール
カルシウムなどが増えて動脈本来の弾力性
が低下する。

血管から先の臓器や組織へ酸素や栄養分を
十分供給することが出来なくなり、狭心症
心筋梗塞、脳梗塞、脳出血などの原因になる
こともある。

動脈硬化に効果的な成分

ここをクリック

高脂血症
血液中の中性脂肪コレステロールなどの
脂質が多くなり過ぎる病気。

遺伝性もあるが、多くは食生活生活習慣
に起因する。

高カロリーな食品から糖分を取り過ぎて運動
不足だと危ない。高脂血症は動脈硬化の
原因にもなる。

高脂血症に効果的な成分

ここをクリック

糖尿病
すい臓から分泌されるインスリンと言うホル
モンが不足して、さまざまな代謝障害が起
きる。

全身がだるく、疲れやすくなる。網膜症、
壊疽(えそ)、腎機能障害、神経障害などの
合併症を起こす。

糖尿病に効果的な成分

ここをクリック

癌(ガン)
細胞が分裂するときに遺伝子のコピーを失敗
し、異常な細胞が生まれ、その異常細胞が
排除されずに大きくなったものがガンとなる。

ガン細胞は血管、リンパ管によって全身に
転移し増殖を続け正常な細胞を破壊し続
ける。

癌(がん)に効果的な成分

ここをクリック

アレルギー症
本来体に有害なものにだけ反応するはずの
免疫機能が食べ物や体には害のないもの
にまで過剰に反応する状態がアレルギー
症である。

異常反応する場所によって、アトピー性皮
膚炎、花粉症、気管支ぜんそくなどの症状
となって現れる。

アレルギー症に効果的な成分

ここをクリック

肌荒れ
紫外線による活性酸素や、過酸化脂質に
よって肌のシワ、タルミが加速される。

ひどい便秘によって体内に有害物質が発
生すると肌荒れの原因となる。

肌荒れに効果的な成分

ここをクリック

肥満
大食い、早食い、まとめ食い、間食などに
よるカロリーの取り過ぎ、食べ過ぎが最大
原因。

食事内容が動物性脂肪が多く、野菜や魚
が少ないと肥満になりやすい。

運動不足による基礎代謝の低下も肥満要
因となる。

肥満に効果的な成分

ここをクリック

便秘
水分不足、ムリなダイエット、強いストレス、
食物繊維不足、運動不足などが原因とし
ては多い。

便秘に効果的な成分

ここをクリック

最後にもう一度、誤解のないように繰り返します。

青汁は薬ではありません。野菜のエキスです。あくまでもあなたの野菜不足、野菜嫌いを補うためのものです。

でも、あなたがずっと青汁を飲み続けば青汁に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維などの有効成分があなたの健康や美容にきっと役立ちます。

あなたも、あなたにピッタリの青汁を見つけて下さいね。

■家族3人で30種類の青汁を試してみました。そんな私たちからのアドバイス!

実際に飲んだからこそ分かる美味しさと風味。⇒『我が家の青汁人気ランキング』