青汁効果の実験報告が、『大麦若葉のすごい力!』(現代書林)に紹介されています。これは大麦若葉で作られた青汁(粉末タイプ)をラットに与えて青汁の効果を確認する実験です。

むろん、ラットで確認された効果が全てそのまま人間にも当てはまるとは限らないでしょう。しかし多くの薬品開発や医療実験でラットを使ったデータが使われています。ある程度の指標にはなり得るのだと思います。

実験を行ったのは、高崎健康福祉大学の健康栄養学科、江口文陽助教授です。実験目的は、青汁がラットの便秘、脂質排出、体重増加(肥満)にどうかかわるかを調べるものでした。

まず、ラットは2種類用意されました。1つは遺伝的に肥満傾向のあるラットです。もう1つは健康なラットです。この2種類のラットに対して、与えるエサを、普通の飼料、青汁を10%混ぜた飼料、15%混ぜた飼料、20%混ぜた飼料、25%混ぜた飼料の5種類用意しました。

結局、次の7グループを作ったのです。

◇健康ラット
①普通の飼料
②青汁20%の飼料

◇肥満ラット
③普通の飼料
④青汁10%の飼料
⑤青汁15%の飼料
⑥青汁20%の飼料
⑦青汁25%の飼料

なお、ラットは全て体重が130gで揃えられた生後5週目のラットです。

さて、実験結果はどうなったでしょうか。

・・1.便秘改善効果

ラットで便秘効果を調べるのは非常に困難です。そもそもラットは便秘など起こしません。しかし、今回の実験では⑦のグループ、すなわち青汁25%の飼料を食べたラットの便が柔らかくなったそうです。

すなわちこれは青汁が便秘に効くことを裏付けるデータと言えると書かれています。

・・2.脂質の排出効果

肥満ラットも健康ラットも、どちらも青汁入りの飼料を食べたラットは便の約8%が脂質であり、青汁なしの普通の飼料を食べたラットの便には4%しか脂質はなかったそうです。

つまり、青汁を食べたラットは、通常の2倍の脂質を排出したわけです。人間で言えば、高脂血症、動脈硬化、心臓病、脳梗塞などの予防に青汁が効くと期待出来るデータです。

・・3.体重増加(肥満)抑制効果

7つのグループの実験開始から14週目の体重は次の通りでした。

◇健康ラット
①普通の飼料・・・・・・・・130g⇒468.3g (338.3g増加)
②青汁20%の飼料・・・ 130g⇒452.8g (322.8g増加)

◇肥満ラット
③普通の飼料・・・・・・・ 130g⇒673.8g (543.8g増加)
④青汁10%の飼料・・・130g⇒662.8g (532.8g増加)
⑤青汁15%の飼料・・・130g⇒618.8g (488.8g増加)
⑥青汁20%の飼料・・・130g⇒594.2g (464.2g増加)
⑦青汁25%の飼料・・・130g⇒542.8g (412.8g増加)

いかがでしょうか、この実験結果。飼料に混ぜた青汁の量に比例して体重抑制効果が見られました。遺伝的に肥満するラットにおいてこの効果です。

しかも、健康ラットにおいては青汁を入れた飼料でもそれほど効果が見られません。つまり、健康なラットでは体重を抑える効果があまり現れないのです。

これを人間に置き換えて考えてみると、ダイエットの必要のない人にムリヤリ体重を減らすような作用がない、と言うことです。太り過ぎの人にだけ働いて、ダイエット効果を発揮するのです。

・・4.高脂血症の改善効果

実験終了後に、各ラットの血液を調べてみると、青汁を飼料に混ぜたラットの血液では総コレステロールは低くなっているのに、善玉コレステロールは増えていたそうです。これは高脂血症の改善としては理想的な効果です。

以上がラットを使った青汁の効果確認実験です。確かに青汁にはビタミン、ミネラル、食物繊維、その他体にいい成分が多く含まれているので、毎日飲み続ければ健康維持や美容にいいのは間違いないはずです。

私はいつも思うのですが、理屈で健康にいいものを継続すれば、当然健康にはプラスになる。これ、当たり前ですよね。

ただし、必ず病気が治るとか、1ヶ月で5キロやせるとか、そういったことを言っているのではありません。青汁は薬ではないからです。あくまでも緑黄野菜の不足を補う意味合いで改善される、と言うことです。

継続は力なり、青汁を飲み続ければきっとあなたの健康と美容にも役立つと思います。

-  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

明日葉を主材料に生まれた、飲みやすいけど 「野菜」を感じる個性派青汁です!

野菜の青臭さは全く感じない、でも飲んだ後にかすかに野菜の風味が残ります。

スーパー 野菜「明日葉」特有のカルコンがあなたの健康と美容のお役に立ちます。

詳しい体験記はこちら⇒■ふるさと青汁体験記

青汁効果(栄養)完全ガイド  TOP