TOP危ない食べ合わせ50>抗生物質とビタミンA剤

テトラサイクリン系の抗生物質と、サプリメントのビタミンA剤はいっしょに飲んではいけないと言うお話です。情報元は『薬と食品の食べ合わせ』(ダイヤモンド社)からです。

テトラサイクリン系の抗生物質は、細菌の増殖を抑える働きがあり、感染症の治療に使われます。例えば細菌性結膜炎、クラミジア感染症、リケッチア、肺炎、百日咳などです。

一方、ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保ち、がんの予防効果もあると言われています。

ビタミンAを多く含む食品としては、レバー、うなぎ、ニンジンなどです。

この健康にはとてもいいビタミンAを手軽に補えるとあって、サプリメントも多く出ています。有名なところでは、エーザイの「チョコラA」などがそうです。

さて、ビタミンA剤を飲んだ前後に、テトラサイクリン系の抗生物質を飲むとどうなるでしょうか。実は、頭蓋内高血圧を起こして激しい頭痛を覚えることがあるのです。

あなたがビタミンAをサプリメントで補っていて、何かの病気で抗生物質を飲むときは、必ず担当医に相談した方がいいですね。

ちなみにビタミンAの補給は青汁でも可能です。我が家のオススメナンバーワンのえがおの青汁を例にするなら、ビタミンAは枝豆の20倍も含まれています。

我が家ではサプリメントより野菜エキスの青汁を健康のために家族みんなで飲み続けています。よかったら、下の記事をご覧下さい。

我が家の生活習慣病対策を記事にしています。

■コップ1杯で1日分の野菜栄養分が!⇒『えがおの青汁満菜』
これ1杯で1日に必要な野菜350g分以上の栄養素を補給出来ます。

体験記はこちらから⇒『えがおの青汁満菜体験記』

バナー原稿 468×60 (140115)imp