あなたは「食べ合わせ」と言う言葉をご存知ですか?この言葉はいい意味でも悪い意味でも使われます。「食べ合わせがいい」と言う表現は、食品、食材をうまく組み合わせて食べると、その食材が持つ栄養や効果を単品で食べるより何倍にも出来る、と言う意味です。

逆に、「食べ合わせが悪い」と表現するときは、効果を打ち消し合ったり、場合によっては体に有害になることを意味します。あなたもご存知かも知れませんが、「スイカとてんぷら」、「うなぎと梅干」などが有名ですね。

このように一般に食べ合わせと言うと食品同士を言いますが、実は薬にも食べ合わせがあります。『薬が毒に変わる』(実業之日本社)と言うぶっそうなタイトルの本を読みました。この本の中には危ない食べ合わせが沢山紹介されています。

「知って役立つ危ない食べ合わせ」では、こうした食品・食材同士の食べ合わせ、そして薬との危ない食べ合わせについてご紹介していきたいと思います。

あなたの健康管理に役立つように、分かり易く、身近なものを取り上げて行きます。どうぞご覧下さい。


・・◇危ない食べ合わせの食品・食材・薬

No 食品・食材 オススメのポイント
風邪薬とニンニク 風邪薬を飲んだときはニンニクはひかえましょう。
食べ合わせクイズ10問 日常の食卓に出てくる10通りの食べ合わせ、○か×か?
抗生物質とビタミンA剤 人気のサプリメントも注意が必要です。
解熱鎮痛剤とキャベツ 風邪で薬を飲んだらキャベツは食べない方がいいかも。
ピータンとすじこ 中華と和食の異色の食べ合わせ?
ドリアンと酒は死の食べ合わせ? 果実の王様ドリアン。お酒といっしょに食べると死ぬ?
青汁とワーファリン(抗血栓薬) 青汁の豊富なビタミン類が飲み合わせ理由に?
ウナギと梅干 きっとあなたも知っているこの有名な食べ合わせ。でも、ホント?
グレープフルーツと薬 薬との食べ合わせでとっても危険な場合があります。

青汁って効く? 美味しい? 材料は? ⇒『失敗しない青汁の選び方』

青汁効果(栄養)完全ガイド TOP