青汁の素晴らしい効果や豊富な栄養について、親子3人がそれぞれの青汁体験を交えて分かり易く説明するサイトです。

青汁の原料になる野菜

  • HOME »
  • 青汁の原料になる野菜

青汁の原料には緑黄野菜が使われます。代表的な材料としては明日葉(あしたば)、大麦若葉、ケールなどがあります。

でも、青汁の材料はそれだけではありません。私やあなたが日頃色んな料理で食べている野菜からも作ることができます。

例えばキャベツやセロリ、人参の葉や大根の葉でも作れるのです。では、それらの材料となる緑黄野菜にはどんな成分があって、どんな特徴があるのでしょうか。下の表にまとめましたのでご覧下さい。

あなたがもう少し詳しく知りたい野菜の名前をクリックすると、詳細データのページにリンクしています。その野菜の歴史、含まれる成分、期待出来る効能などが分かります。

あなたが青汁の材料として記事を読まれるのもいいし、普段から馴染みのある野菜の一般情報として読まれても役に立つと思います。たぶん、あなたがまだ知らない野菜の秘密がいっぱい分かると思いますよ。

◇青汁の材料として使える野菜

材 料 多く含まれる成分 特  徴
明日葉 βカロテン、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンK、カリウム、鉄、マンガンなど。 カルコンと言う明日葉特有の成分が、抗ガン作用や殺菌作用を持っている。
大麦若葉 食物繊維、ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウム、葉酸、鉄、亜鉛など。 SDO酵素を持ち、抗酸化作用によって美肌効果、老化防止、生活習慣病の予防に効果がある。
ケール ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、鉄、リン、マグネシウム、カリウム、クロロフィルなど。 イソチオシアネートと言う成分を持ち、抗ガン作用や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防に効果がある。
しそ 食物繊維、 βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、鉄、カルシウム、リノール酸、リノレン酸など。 しその独特の香り成分であるペリルアルデヒドには制菌(防腐)作用や解毒作用がある。
かぶの葉 βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、鉄分、カルシウムなど。 グルコシノレートと言う成分が抗ガン作用や肝臓の解毒作用を活発化させ、また花粉症などのアレルギー予防にも効果がある。
セロリ アピイン、セダノライド、セネリン、ピラジンなどの香り成分。 香り成分には精神安定の働きがある。ピラジンと言う成分には血液をサラサラにする効果があり、心筋梗塞、脳梗塞などの予防効果もある。
ブロッコリー 食物繊維、βカロテン、ビタミンC、ビタミンB群、葉酸、カルシウム、カリウム、リンなど。 メチル・メサネ・チオ・サルホネート(MMTS)と言う成分に抗ガン作用があり、スルフォラファンと言う成分には抗酸化作用や殺菌作用がある。
キャベツ ビタミンB群、ビタミンK、ビタミンU、カリウム、マグネシウム、葉酸、不溶性の食物繊維など。 ビタミンUは胃酸の分泌を正常に保ち、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の予防と治療に効果がある。また、イソチオシアネートには抗ガン作用がある。
人参の葉 βカロテン、ビタミンB群、カリウム、マグネシウム、リンなど。 豊富なβカロテンにより、老化防止・美肌効果・抗ガン作用・生活習慣病・むくみ改善の効果がある。
大根の葉 βカロテン、ビタミンE、ビタミンK、カルシウム、鉄分、葉酸、食物繊維など。 独特の辛みがあり、この辛みの成分に抗酸化作用や食欲増進作用があると言われている。
小松菜 βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、鉄、カルシウムなど。 βカロテンが豊富でガンの予防や、血液をサラサラにして動脈硬化を防ぐ効果がある。
春菊 βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、鉄、カルシウムなど クロロフィルがコレステロール値を正常にして血栓を予防し、ガン予防の効果もある。香り成分のペリルアルデヒドが胃腸を活性化させる。
水菜 食物繊維、βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、鉄、カルシウム、リン、カリウムなど ポリフェノールを含み美肌効果がある。鉄分が多く貧血予防に効果がある。
パセリ 食物繊維、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、カリウム、カルシウムなど。 アピオールと言う精油成分に殺菌効果がある。またピラジンと言う血液サラサラに効果のある成分も含んでおり、動脈硬化などの生活習慣病予防に効果がある。

青汁の材料として14種類の野菜をご紹介しました。それぞれに成分や特徴は異なりますが、基本的にはどれもビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含んでいます。従って、これらの成分が健康に役立つ点ではどの野菜も同じです。だからこそ、青汁の材料として使えるわけです。

ただし、これらの野菜はあくまでも食品であって、薬ではありません。詳細データのページには期待出来る効果、効能をあなたにご紹介していますが、それは色々な栄養に関する本、病気に関する本で紹介されている一般的な情報です。

従って、あなたの病気や症状の改善、予防を100%お約束するものではないことを予めご承知おきください。

青汁って効く? 美味しい? 材料は? ⇒『失敗しない青汁の選び方』

PAGETOP
Copyright © 青汁効果(栄養)完全ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.