TOP青汁の材料となる野菜たち>しそ

あなたも大好きな新鮮なお刺身。タイやハマチやブリに甘エビ。でも、そのお刺身をよーく見ると、そこにはあおじそが入っているはず。そう、お刺身の「つま」として使われるあおじそ。でも、あおじそはスーパーサブ、とんでもない名脇役なのです。あなた、ご存知でしたか?

1.しそはこんな野菜です

しそ科の植物で、原産地はミャンマー、ヒマラヤ、中国などです。日本に入ってきたのは薬用として8世紀から9世紀ごろに中国から渡ってきました。奈良時代にはすでに薬用に使われていたそうです。

しそはあなたもご存知、さしみの「つま」として使われています。しそには解毒作用や制菌(防腐)作用があるので、生ものであるさしみに添えられるのは理にかなっています。そして、しそには健康にいい成分が多く含まれているので、出来れば残さず食べた方がいいですね。

2.しその主な成分

しその主な成分は下の表の通りです。ビタミンB1、B2、C、そして鉄、カルシウム、リンなどのミネラルを多く含み、特にβカロテン(ビタミンA)の含有量は野菜の中でもトップクラスです。この他、リノール酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸も含まれています。

しその成分表(可食部100gあたりの成分)

栄 養 含まれる量 単位
エネルギー 37 Kcal
たんぱく質 3.9
脂質 0.1
炭水化物 7.5
食物繊維 7.3
カロテン 11,000 μg
ビタミンB1 0.13 mg
ビタミンB2 0.34 mg
ビタミンB6 0.19 mg
ビタミンC 26 mg
ビタミンE 3.9 mg
ビタミンK 690 μg
葉酸 110 μg
パントテン酸 1 mg
ナイアシン 1 mg
ナトリウム 1 mg
カリウム 500 mg
カルシウム 230 mg
マグネシウム 70 mg
1.7 mg
リン 70 mg
亜鉛 1.3 mg
0.2 mg
マンガン 2.01 mg

注1)本成分表は、五訂増補日本食品標準成分表によります。

上の成分表からもお分かり頂けると思いますが、しそはビタミン、ミネラルが豊富です。しその成分をお馴染の野菜であるキャベツと比べてみましょう。食物繊維が4倍、ビタミンAは220倍、ビタミンB1は3倍、ビタミンB2は11倍、ビタミンEは39倍も多く含まれています。

また、ミネラルもカリウムが2.5倍、カルシウムが5倍、マグネシウムも5倍多く含まれています。ただし、だからと言ってキャベツがダメな野菜ではありませんから、誤解のないようにお願いします。ビタミンCはキャベツの方が多いし、何よりしそをキャベツと同じ量だけ食べることは難しいですよね。

3.しその特徴と効能

しその独特の香り成分であるペリルアルデヒドには制菌(防腐)作用や解毒作用があります。また、胃液の分泌を促し、食欲を増進させたり、胃を丈夫にする作用があります。この他にも発汗、利尿作用、せきやたんにも効くので風邪薬としても有効です。

しそに含まれるリノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸は、脳卒中や動脈硬化の予防効果があることが知られています。また、ルテオリンと言う成分も含んでおり、喘息、アトピーなどのアレルギー症状に効果があります。

4.しそはこんな症状に効果があります

花粉症や気管支喘息の改善、抗ガン作用、貧血・食中毒の予防、食欲増進、血行促進、疲れ目の改善など。

いかがですか?しそを刺身の「つま」だけで終わらせるのはもったいないでしょう?

-  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

人生初の青汁が、こんなに自分の健康を支えてくれるとは・・・

詳しい体験記はこちら⇒ふるさと青汁体験記

青汁効果(栄養)完全ガイド TOP