TOP青汁の材料となる野菜たち>ブロッコリー

ブロッコリーはもこもこっとしていますが、立派な青汁の材料になります。野菜嫌いの私はブロッコリーも苦手にしています。ただ、最近話題の新種のブロッコリーは食べることが出来ます。新種のブロッコリーについては本本文の最後にて。

1.ブロッコリーはこんな野菜です

ブロッコリーはアブラナ科の緑黄野菜で、原産は地中海沿岸です。日本に入ってきたのは明治時代の初期と言われていますが、一般の食卓にあがるようになったのは1960年頃からです。

旬は11月から3月ですが、年間を通して店先に並んでいます。ブロッコリーは茎もゆでれば美味しく食べられますが、無農薬で栽培されたものと、そうでないものは味がかなり違うそうです。無農薬だと甘く、農薬が強いものは苦みがあります。まぁ、これはたぶんブロッコリーに限らないと思いますけど。

日本では生で食べることは少ないですが、欧米では普通に生のままサラダに使うそうです。

2.ブロッコリーの主な成分

ブロッコリーの主な成分については下の表を参照して下さい。カロテンをはじめ、ビタミンC、B2、ミネラルなどを豊富に含んでいます。

ブロッコリーの成分表(可食部100gあたりの成分)

栄 養 含まれる量 単位
エネルギー 33 Kcal
たんぱく質 4.3
脂質 0.5
炭水化物 5.2
食物繊維 4.4
カロテン 810 μg
ビタミンB1 0.14 mg
ビタミンB2 0.2 mg
ビタミンB6 0.27 mg
ビタミンC 120 mg
ビタミンE 2.5 mg
ビタミンK 160 μg
葉酸 210 μg
パントテン酸 1.12 mg
ナイアシン 0.8 mg
ナトリウム 20 mg
カリウム 360 mg
カルシウム 360 mg
マグネシウム 26 mg
1 mg
リン 89 mg
亜鉛 0.7 mg
0.08 mg
マンガン 0.22 mg

注1)本成分表は、五訂増補日本食品標準成分表によります。

私が苦手とするブロッコリーですが、その栄養価は非常に高いものがあります。お馴染野菜のキャベツと比べてみましょう。ブロッコリーはキャベツに比べて食物繊維は2.4倍、ビタミンAは16倍、ビタミンB1は3.5倍、ビタミンB2は6.7倍、ビタミンCは2.9倍、ビタミンEは25倍も多く含んでいます。

また、ブロッコリーはビタミンだけでなくミネラルも豊富です。カリウムはキャベツの1.8倍、カルシウムは8.4倍も多く含まれています。

ちなみに、私の母はブロッコリーが大好きでとてもよく食べています。母が86際で大変元気なのは、ブロッコリーを沢山食べているのが秘訣かも知れません。

3.ブロッコリーの特徴と効能

ブロッコリーにはビタミン類が多く含まれており、特にビタミンCが豊富です。キャベツの3倍、レモンの2倍、じゃがいもの7倍も含み、100グラムで1日のビタミンC摂取量をカバー出来ます。ビタミンCはシミ、ソバカスなどを防ぐ美肌効果があり、一方では風邪の予防にも効果があります。

また、ブロッコリーに含まれるカロテン(ビタミンA)は皮膚や粘膜の抵抗力を高めます。食物繊維も含まれていますから、便秘の解消にも効果があります。

更に近年の研究で、ブロッコリーには「メチル・メサネ・チオ・サルホネート」(MMTS)と言う成分が含まれていることが分かりました。このMMTSはガンを引き起こす細胞の突然変異を強力に抑えるガン予防効果があることが分かっています。また、ガン化した細胞を正常に戻す治療の働きもあります。

また、ブロッコリーにはスルフォラファンと言う成分が見つかり、これは抗酸化作用があるほか、新陳代謝の促進、殺菌作用などがあります。

またブロッコリーは葉酸を多く含み、赤血球の生成に役立ちます。このため、貧血の予防、改善効果があります。そして葉酸は細胞が増えていくときにも必要なビタミンであり、特に妊娠初期の胎児の成長には欠かせません。

4.ブロッコリーはこんな症状に効果があります

貧血の予防、美肌効果、血行促進、疲れ目、抗ガン作用、アレルギー症状改善、食欲増進、風邪の予防、糖尿病の予防などに効果があります。

私の友人でサラリーマンを辞めて農業をしている人がいます。その友人が、新しい野菜が出来たからと、先日自宅まで届けてくれました。それは、「スティックセニョール」という野菜です。あなたはこの野菜をご存知ですか?

見た目はブロッコリーとアスパラの中間みたいですが、れっきとしたブロッコリーです。この新種のブロッコリーは茎も美味しく食べることが出来ます。私もさっそくゆがいて食べてみました。これはブロッコリーを苦手にしていた私にも大丈夫でした。ただ、妻に言わせると普通のブロッコリーと変わらない味だそうです。

-  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

人生初の青汁が、こんなに自分の健康を支えてくれるとは・・・

詳しい体験記はこちら⇒ふるさと青汁体験記

青汁効果(栄養)完全ガイド TOP