TOPとっても役立つ健康情報50>理想の食事は肥満の元?

あなたはご存知ですか?食事で1日に必要な栄養分を全て満たすと肥満になることを・・・

このサイトでは、あなたが1日に必要とするビタミンやミネラルの摂取量を記事にしています。
『ビタミン一覧』
『ミネラル一覧』

では、あなたが各ビタミンやミネラルを食事で必要量だけ摂取しようとすると、一体どんなことが
起きるでしょうか。

何とこれが、あなたが肥満になってしまう可能性があるのです。

『だって、必要量を摂取するんだから、健康にいいはずでは?ナンデ肥満になるわけ?』

あなたがそう疑問に思うのはごもっとも。言わば理想の食事が肥満の元になると言うのですから。

実は、あなたが食事で摂取したカロリーをエネルギーとして消費するにはビタミンやミネラルと
いった成分が必要です。

いくら高カロリーなものを食べても、同時にビタミンやミネラルもとらないとそれは単に脂肪になって
蓄えられるだけでなのです。つまり、エネルギーとして使われずに肥満の原因になるだけです。

では、図を見ながら説明してきましょう。

『サプリメントの正しい摂り方』(主婦と生活社)を参考にしました。

下の図を診て下さい。1日に摂取したカロリーを全て消費するのに必要なビタミンが摂取出来ていれば、カロリーは脂肪として蓄えられることがなく、肥満にもなりません。つまり、カロリーとビタミンが完全にバランスが取れている状態です。

ところが、実際にはビタミンの摂取量が不足しているため、カロリーは全て消費されることなく余ったカロリーは脂肪として蓄積されてしまいます。

では、もっとビタミンを多く摂取すればいいのでしょうか・・・・?ビタミンを多く摂取しようとして、食事の量を増やすと、確かにビタミンの摂取量は増えますが同時にカロリーもまた増えてしまい、結局消費されないカロリーが脂肪としてたまることになります。

と、まぁこんな理屈に合わない現実があるのです。つまり、あなたが食事で1日に必要な
ビタミンやミネラルを摂取するると、カロリーとしては必要量をオーバーしてしまい、消費
されないカロリーは脂肪となって蓄えられます。

では、カロリーとビタミン、ミネラルのバランスをうまくとって余分な脂肪が出来ないように
するには、どうすればいいのでしょうか。

その答えの1つは、もっと野菜を食べることです。

実は、先ほどの図で示したカロリーとビタミンのアンバランスが発生した原因は2つあります。
1つは、戦後日本人の食生活が欧米化したことです。動物性食品の摂取量が増えて相対的に
野菜が不足していると指摘されています。

厚生労働省では1日の野菜摂取量の目安として350グラムを推奨しています。
しかし、平成20年の国民健康・栄養調査では現代人は平均で 295.3gしか野菜を取って
いません。毎日の食事だけで野菜を350g以上取り続けることは難しいのです。

そして理由の2つ目は、野菜自体の栄養素が少なくなっていることです。20年、30年前と
現在の野菜を比較すると、本来野菜がもっていたビタミン、ミネラルの量が減っているのです。

つまり、30年前と同じ量の野菜を食べてもビタミンやミネラルの摂取量は減っているのです。

例えば、1982年と2000年の比較を食品成分表から比較してみましょう。

◇食物繊維 ごぼう40gあたり
●1982年  3.4g
●2000年  2.3g

◇ビタミンA ホウレン草50gあたり
●1982年  2600μg
●2000年  2100μg

◇ビタミンC ブロッコリー40gあたり
●1982年 64mg
●2000年 48mg

◇カルシウム 小松菜70gあたり
●1982年 203mg
●2000年 119mg

と、まぁこんな感じです。いずれもかなり栄養分が減っています。
こうした原因の1つは農業の基本である土地がやせてしまったことにあるそうです。
化学肥料に頼った結果がもたらした変化ではないかと指摘されています。

また、あなたもお気付きだと思いますが、現代では野菜は1年中売られています。
どんな土地でも、どんな時期でも収穫出来る野菜に品種改良され、作りやすくは
なったけど栄養分は減ったそうです。

私は農業について詳しく知りませんが、実は祖父の代までは家が農家でした。
従って、私が小学校の低学年までは自分の畑の野菜を食べていました。

当時の野菜の味を今でもしっかり覚えているのですが、今のスーパーで売られている
野菜よりもずっと濃い味でした。

とまと、きゅうり、大根、どれも味が濃かったです。きっと栄養も濃かったと思います。

このように現代社会においては、栄養バランスが偏りがちであり、肥満体形になりやすい
現状があります。

少しでも栄養バランスが改善されるように、野菜をたくさんとるとか、脂っこいものを
少し控えるとか、そういった意識改善が必要だと思います。

まさに私自身にあてはまる注意点です。

むろん、私がふるさと青汁を1年以上も飲み続けているのは野菜不足を少しでも補う
ためです。

あなたも、あなたのお気に入りの青汁を見つけて野菜不足の改善をしてみませんか?

■あなたの青汁選びはこのランキングから!人気の青汁が全て丸分かりです!

実際に我が家で飲んで試したランキング⇒『我が家の青汁人気ランキング』


青汁効果(栄養)完全ガイド  TOP